top of page
  • みずき書林

この2カ月の幸福/不幸


自分ががんだという告知を受けてから、2か月余りが経ちました。


この間、自分は不幸であったか。と問うならば、そうではなかったと思うのです。

むしろ、幸福であったと言ってみたい気持ちすらあります。


もちろん、痛みや苦しみを感じている瞬間は、そんなふうに思う余裕はありません。

毎日薬を飲まなくてはいけなくて、化学療法のあと数日間は気分や体調がすぐれないサイクルが必ずやってくるというのも、喜ばしい状態ではありません。

以前の、何の屈託もなく体調がよかった頃を思い浮かべると、ほんとに嘆かわしい、がっかりする気分になります。

以前ほど長時間、疲れることなく動き回ることはできなくなりました。


でも、この2か月、僕は嘆き悲しんで泣き暮らしたわけではなく、不幸のどん底にいたわけでもありません。

むしろ生活の質は上がったと言ってもいいのかもしれません。

(この病気になると、QOLということばをやたらに耳にするようになります)


本当にたくさんの人から、励ましや応援をいただきました。

退院したら会いたいと思っていた友人たちにも会うことができました。

このことをきっかけに、ずっと会っていなかった旧友たちと再会することもできました。

今やれている仕事のありがたみを再認識しました。

未来への希望として、いくつかの出版企画が動きはじめました。

愛犬だって仲間に加わりました。

家族はずっとここにいてくれます。


普通に暮らしていたら特に意識もしないまま流れすぎてしまうであろうこういったことを考えられるようになったのは、病気になったからです。


それは一面では幸福なことなのかもしれません。


嘘くさいやせ我慢に聞こえるかもしれませんが、案外本心でそう思っています。

少なくとも、そういうふうに考えてみる余地はあるかもしれません。

そういうふうに言い聞かせてみる価値はあるかもしれません。

最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

病気がわかって生活が変わる前と比べて自分が不幸になったかと自問してみると、あまりそうとも思えない。 もちろん、あれやこれやと制限は多くなった。なんやかんやと体調も悪い。このあれやこれややなんやかんやの中身を詳しく書き始めるといくらでも書けてしまうということはある。その最大のものとしては、やはり死が年齢不相応に間近なものになった。そういう意味では、不自由のない暮らしからは遠く隔たった。 でもいわゆる

bottom of page