• みずき書林

これから過ごせる時間

東京をはじめ全国の感染者数がすごい勢いで増えています。

本日は900人を超えて、先週の約12倍とか。

昨年の夏のように、あっという間に4000~5000人になることもありえそうです。



またどこにも行けず、誰にも会えない日々が来るのでしょうか。

いままでも辛かったけど、いまの悲しさや空しさはそれどころじゃありません。

僕がいま一緒にいたい人や会いたい人はたくさんいます。彼ら/彼女たちとこれから過ごせる時間が、これまで過ごしてきた時間を超えることはたぶんないのです。

悲しいかな、そんなふうに考えないといけません。


だから――この2年間ほどで学んできたように――情緒ではなく理性を基礎に置いて、外圧ではなく内発を動機として、出来得る限りの安全対策を行ないます。

そのうえで、自分の判断で、誰とどんなふうに過ごすかを決めたいと思います。


時間がないんだよ。



最新記事

すべて表示

朗報がひとつ。 気になる文章がひとつ。 気遣いが嬉しいメールがひとつ。 生きているというのは、ときにひどく切ないねぇ。 我々はみんな、最後の日までは生きている。 その翌日からは、いい思い出と寂しさを残していく。 だからそれまでは、いままでどおり、楽しく笑って会話をしながら――ときどきちょっと涙ぐんだりしながら――やっていこう。みんなで。