top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

さらに続けて、『この世の景色』記事掲載!――中国新聞

昨日の「週刊読書人」と同日、1月17日の中国新聞にも、

早坂暁『この世の景色』

の記事が出ました!




中国新聞という場所柄、原爆に関するエッセイを中心に紹介くださっています。

原爆投下直後の広島駅で見た燐光のこと。

捨て子だったけれど妹として育てられ、原爆で死んだ春子のこと。

渥美清と撮ろうとしていた「ピカドンの辰」のこと(この企画は実現することなく、渥美清は「フーテンの寅」と同一化していきます)。



新年早々、続けて記事が掲載され嬉しいことです。


ちなみに『この世の景色』は、朝日や読売、産経や赤旗など中央紙にも載りましたが、

愛媛新聞、徳島新聞、中国新聞など、中四国の地方紙にもたくさん掲載されました。

今後も掲載予定の地方紙があります。

これらは通信社の配信記事ではなく、それぞれの新聞社が独自で記事を書いてくださっていることを特筆しておきたいと思います。

早坂先生の力量であり、本が持っている力です。


最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page