• みずき書林

しょうけい館 戦傷病者史料館


仕事の合間に、九段下にある、

しょうけい館 戦傷病者史料館

に行ってきました。


企画展として、戦傷病者が戦後に制作した作品を展示した「“想い”を込めて――作品からみる戦傷病者」をやっていました。

竹細工や仏像や能面、書、漫画など、戦傷を受けた人が戦後に遺した作品を展示しています。


感慨としては極めてありきたりながら、こういう人が本当にたくさんいたんだな、と感じます。

個人への想像力は、歴史を身近に感じるときに、やはり重要です。

たとえば、中国戦線で銃弾が両眼を貫通して失明した原田末一氏。原田氏は生き残り、家族が作ってくれた厚紙をくり抜いた型を使い、80歳から習字を始めます。

1937年、中国の揚子江で上陸作戦中に銃弾が両眼を貫通し、全盲となってからは何度も自殺を図り、戦後はそれでも80歳以上まで長寿を保った原田末一という人がいて、その習字が展示されていました。


僕にとっては、佐藤冨五郎という人と、原田豊秋という人が、気になり続けている個人です。

上記の原田末一さんも、原田という姓から気になったのが実情です。

佐藤冨五郎さんについてはほぼ調べはついています。多くの人が関わった本も出しました。僕は彼の顔も知っていますし、彼が最期に何と書き残したかも知っています。

原田豊秋さんについてはほとんど何もわかっていません。

こういう展示を見ると、なんだかつい気になってしまい、原田という姓を探してしまいます。


そのようにして、ある個人を回路にして歴史に関心を持つということ、こういう展示や表現の場で何が試みられているのかについても、考えてみたいと思います。




最新記事

すべて表示

疲れに効くテキスト

索引のノンブル拾いをしたり、チラシを作ったり、原稿をチェックしたり、授業の準備をしたり、装丁のことを考えたり、合間にご飯を作ったり酒を飲んだり、なにかと忙しい。 忙しくて、ここ数日久しぶりにちょっと疲れている。 疲れているからといって、嫌になっているわけではない。テンションが下がっているわけでもない。 僕の場合、仕事が進んでさえいれば、疲れれば疲れるほどにやにやしてしまうようなところがある。 疲れ

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.