• みずき書林

じゃ~、また。


一緒に働いていたころも、そんなに親しかったわけではないんだけどね。

あなたはまだ20代前半で、僕は15歳以上も年上でした。

僕はあなたにとっては、先輩の先輩というか、煙たい上司という以上の存在ではなかったと思います。

同じ場所で働いた期間は、わずか2年程度にすぎません。

考えてみれば、僕はもうあなたのメアドすら知りません。


でも、人懐っこくてのほほんとしたあなたのおかげで、最終的には良い関係に着地できました。


いろいろ不確定な要素が多いかもしれないけれど(15歳以上年上として多少偉そうに言わせてもらえれば)、たぶん人生とは本来そういうものです。

まだ若いのだから、あなた自身の幸せはこれからいくらでも上昇し続けます。

だから、いま大切にすべきことを見極めて決断をしたのは、立派だったと思う。


ありきたりな言い方ですが、元気に過ごしてください。


いつかまたワインでも飲みましょ。


最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.