top of page
  • みずき書林

そこにいくときのためのプレイリスト

最近、よく音楽を聴いたり、そんな話をしたり、ウクレレなんかで遊んだりしています。

去年の夏に入院して開腹手術をしたころは、歌詞のある歌が聴けなくなったり、ビートが強い音を敬遠したりもしたけれど、いまは元に戻りました。

結局のところ、僕が聴いてきたのはロック・ポップ・ジャズミュージックであり、これからもそういう音楽を楽しみながら暮らしていくのでしょう。


今までは、週末に走るのが好きで、10キロくらい走っていました。

アップテンポの曲ばかり集めたラン用のプレイリストも充実させて、それを聴きながら、東京のいろんな場所にいきました。

でも、いまは聴く機会もなくなりました。


ぼくがこれから行く場所についてのプレイリストを作ろうかと思っています。

ここにも書いた宇多田ヒカルやスピッツの曲が入るでしょう。

ビートルズからは「Let it be」と「When I'm 64」が。

デヴィッド・ボウイからも数曲。

寺尾紗穂さんの「口の角」。

歌詞には直接的な関連や意味などない、純粋な思い出としての曲も入るでしょう。たとえばBTSの「Dynamite」とか。

ショーターとミルトン・ナシメントのコラボ曲とか。

最後は「コイシイワ」。


懐メロのパッケージングではなく、極めて個人的で前向きな企画として。

それだけに、単に曲をリスト化するだけとはいえ、それなりに気力がいります。


そういうちょっとしたアイデアが、いくつかあります。


とくに意味はないけれど、智秋さんと見元さんの画を描きました。
ちなみにこれは智秋さん画のぼく。

最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

bottom of page