top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

そこにいくときのためのプレイリスト

最近、よく音楽を聴いたり、そんな話をしたり、ウクレレなんかで遊んだりしています。

去年の夏に入院して開腹手術をしたころは、歌詞のある歌が聴けなくなったり、ビートが強い音を敬遠したりもしたけれど、いまは元に戻りました。

結局のところ、僕が聴いてきたのはロック・ポップ・ジャズミュージックであり、これからもそういう音楽を楽しみながら暮らしていくのでしょう。


今までは、週末に走るのが好きで、10キロくらい走っていました。

アップテンポの曲ばかり集めたラン用のプレイリストも充実させて、それを聴きながら、東京のいろんな場所にいきました。

でも、いまは聴く機会もなくなりました。


ぼくがこれから行く場所についてのプレイリストを作ろうかと思っています。

ここにも書いた宇多田ヒカルやスピッツの曲が入るでしょう。

ビートルズからは「Let it be」と「When I'm 64」が。

デヴィッド・ボウイからも数曲。

寺尾紗穂さんの「口の角」。

歌詞には直接的な関連や意味などない、純粋な思い出としての曲も入るでしょう。たとえばBTSの「Dynamite」とか。

ショーターとミルトン・ナシメントのコラボ曲とか。

最後は「コイシイワ」。


懐メロのパッケージングではなく、極めて個人的で前向きな企画として。

それだけに、単に曲をリスト化するだけとはいえ、それなりに気力がいります。


そういうちょっとしたアイデアが、いくつかあります。


とくに意味はないけれど、智秋さんと見元さんの画を描きました。
ちなみにこれは智秋さん画のぼく。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page