top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

どうやら復活


ここ数日、ブログの更新ができませんでした。

それどころか、他の活動もほぼできず、4日ほどはぐったりしていました。

仕事のメールも集中できず、本も読めないし、なんなら音楽を流す気もしない。

倦怠感と吐き気と腹痛のコンボにやられていました。

でも昨日あたりから、どうにか復調の兆しがあります。


この間、ご心配や気遣いのご連絡をくださった方々、ありがとうございました。


今後も、ブログの更新が数日滞ることもあるかもしれません。

でもそれは必ずしも喫緊のエマージェンシーであることを意味するわけではありません。

薬の副作用とは、ときにあらゆるやる気を奪っていきます。


今回の一連で、痛みや苦しみは自分に許しやすいけれど、倦怠感は難しいということを実感しました。

うつ病とか精神疾患の方が言う「倦怠感」ということについて、そういう本に関わったこともあり、理解しているつもりでしたが、いざ自分がそうなってみると、それを自らに許すのはなかなか簡単ではない。

苦痛は「仕方がない」と思えるのです。

でも倦怠感については、自分自身が初めての経験ということもあり「もう少し頑張れるのでは/頑張るべき」と思ってしまうのです。

これはとりわけ他者に向けられるときに、おそろしい偏見や差別になり得ます。


苦痛や倦怠感は致し方ない身体の作用であり、そのときにはゆっくり休むことを、自らに――すべての人に認めないといけない、と思いました。


というわけで、夜はゆっくり休みます。

おやすみなさい。



最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

bottom of page