top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

なかいかおりさんの装丁画

この夏の新刊、


蒼井倫子著

「いただきます」の人類史――ヒトの誕生から生活習慣病の現代まで


の装丁イラストを公開します。


描いてくださったのは、絵本作家のなかいかおりさん





中央に赤ちゃん。

祝福するように、さまざまな動植物が取り囲んでいます。


ヒトの身体と食べものの関係を追った本書は、宇宙の始まりと単細胞生物の誕生(!)から説き起こされます。

そして自分で動くことができる「動物」となった我々は、アミノ酸を自分で合成する能力を放棄したかわりに、自力で食べ物を探さねばならないという積極性と責任を担うことになりました。

「いただきます」のはじまりです。


そして我々はいま、かつて経験したことのない飽食と偏食の世界に生きています。

この間に何が起こり、これから何が起こると予想されるのか。


中央の赤ちゃんはどんなふうに育っていくのでしょうか。

願わくば、健康なお子でありますよう。


(赤ちゃんの右横にはお母さんのシルエット。そのさらに横には白いむく犬が見えます。可愛いですね(笑))

最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page