• みずき書林

なかいさんの読書週間ポスター&グッズ

一月後、来月27日から読書週間です。


今年の読書週間は一味違うというか。

なんと、タイムトラベル専門書店utoutoのデザイン担当にして、ZINEでもイラストを描いているなかいかおりさんのポスターなのです。


読書推進運動協議会のウェブサイトにポスターも掲載されていますのでぜひご覧ください。


関連データもダウンロードできるのですが、バナーとかポップ、しおり、ブックカバーと、すごい充実のラインナップ。

バナーなんてフォント違いで8種類もある。


せっかくだから、麗雅宋のバナーを貼っておこう(踏むと関連データをDLできるページに飛べます)



ちょうど読書週間のころに、なかいさんのイラストをたっぷり載せたZINEの4号も刊行になる予定です。

(おそらく今まさに、なかいさんは絵を描いていると思われる。今週末が締切だから)


すでに藤岡みなみさんの原稿は出来上がっているのですが、今回のZINEもかなり面白いことになっています。

読書週間にぜひ!


最新記事

すべて表示

藤田省三と保苅実のことば

一日ずっとPC画面を見ながら原稿整理などしていたら、目が潰れそう。 いま編集中の、 『なぜ戦争体験を継承するのか』 という本の「終章」から、今野日出晴先生の原稿の一節。 〈藤田省三は、本来的には、自分を震撼する物事に対して自らを開いておくこと、物事によって揺り動かされることを歓迎するような態度こそが重要であり、物あるいは事態に対してのこの開放的態度をこそ自由な経験の基本条件としていた〉 ……戦争体

遠く離れた同じ景色

画面の左手前に砂浜が映っていて、そこにゆったりとした波が寄せては返します。 砂浜は湾曲しながら遠くまで続いていて、海を迂回するように右に細く伸びています。伸びた先は画面の右奥、海の向こうに、遥かに島が続いています。 空には動かない雲が幾層にも重なっています。 波の音だけ聞こえます。 ともにわずか数十秒の、とてもよく似た景色を映したふたつの動画を、同じ日にもらいました。 ひとつは夕陽で、ひとつは朝日

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.