• みずき書林

なぜ在庫ありにならないのか―ポスト密林時代の営業実践


タイトルは

なぜ戦争をえがくのか 戦争を知らない表現者たちの歴史実践

なぜ戦争体験を継承するのか: ポスト体験時代の歴史実践

のもじりですが、あまりうまくないですね。


さて。

先にも少し書いた通り、Amazon対策として少し遅らせた刊行日、2月22日がやってきました。

上記の2点の書籍は、この日を公式発売日に設定していました。

どうなったかというと。


『なぜ戦争体験を継承するのか』は、本日(24日夕刻)時点で、「残り4点(入荷予定あり)」。

昨日まで5点だったので、1部売れたと思われます。

ともあれ、すぐに買える状態にはなっています。


そして『なぜ戦争をえがくのか』については、同じく現時点で、


「2021年3月22日に入荷予定です。」












なぜだ。

なぜ1カ月も先になった?

Amazonの説明によると、この表示が出るときは、

「配送センターに在庫がなく、仕入先から商品を取り寄せる場合。」

なのだそうだ。


詳しい数は書きませんが、予約数に対して、それなりの部数を納品しているはずです。

間に入ってくれている取次店・八木書店の担当者さんがとても親切な方で、いろいろ配慮してくださいます。

納品日から逆算して発売日を22日に設定したのもその人のアドバイスがあったからですし、Amazon向けの在庫も、それまでの予約数から、発売日にいきなり在庫切れにならないような数を設定しました。


しかし現実は、この体たらく。


原因はわからない。

全部売れた? そんなに甘いわけがない。

いい本になったと思う。著者も参加してくださった方も、装幀も組版もみんないい。いい本なんだ。

でもそんなに簡単に一瞬で何百部も売れはしない。そんなイージーな話ではないんだ。


書いていたらどんどんテンションが下がってきた。

力不足。

なんだかダメだ。

寝る。






最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴