• みずき書林

はじめての講義


9月16日。

人生初の学校の先生体験、初日です。


15時頃より、秋葉原のラボで4限の演習。

20人くらい、と聞いていたのだがフタを開けてみると8名。

(まだ履修期間中みたいで、これから変動はあるみたいですが)

この人数であれば、ほんとにゼミ形式で密にコミュニケーションがとれそう。

講義のシステムを一部考え直さないといけないけれど、よりコアな対話形式で進められそうです。

みんな活発で、よくしゃべるのも素晴らしい。

自己紹介がてら好きな本を挙げてもらいましたが、貴志祐介、上橋菜穂子、有川浩、ヘタリア、WiNK UP、「日本の歴史」まで、なかなか多彩(ちなみに僕は『夜と霧』を推す)。

そして、『いかアサ』を出しといてよかった……。学生さんの食いつきがよく、初日からいきなりアロンダイトの話など。



その後、九段に移動して、6時20分から6限。

こちらは100人くらいと聞いていて、それでも多いと思っていたのに、教室に入ってみればなんと140名くらい。

しかし前の講義でほどよくリラックスできていたからか、不思議と緊張しませんでした。

それでもまあ、100人以上を前に90分喋るのは大変だな……と思っていたらあっという間に時間が過ぎたので、それなりに気を張ってはいたのでしょう。



わかったことは――

1.準備しすぎ。

いちおうの原稿を作ってのぞんだのですが、

4限→ぜんぜん時間が足りない

6限→時間が無くなりそうで後半は駆け足に

ということになりました。

一回やってみて、どれくらいの量を準備しておけばいいのか、かなりつかめたような気がします。


2.学生の反応がいい。

4限は少人数なので、みんな活発に意見を言ってくれます。

6限は大人数なので、学生ががんがん発言する形式ではありませんが、それでも個人的に質問したことにも答えてくれますし、もじもじしない。僕が学生だったころはもっと斜に構えていたものですが、ありがたいことです。


3.字がきたない。

板書はなるべく避ける方向で。



しかしまあ、90分×2コマ、立ちっぱなしで喋りっぱなしは疲れる……。

学校の先生ってたいへんな仕事なんだな。学生だった頃の自分のナメた授業態度を謝りたい……。


昨日の授業中にも何度か言いましたが、僕ははじめての先生体験です。

あなたたちが学ぶよりも多く、きっと僕が学ぶ時間になるでしょう。

半年間、よろしく~。



140人にアンケートとったら、たいへんな量に。いかまら読みます。

最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン