top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

ひとさじ食堂の夢

スマホを整理していたら、こんなメモが出てきました。




智秋さんが元気だったころ、見元さんと三人で「ひとさじ食堂」という出版記念イベントをしようと盛り上がったことがありました。

どこかのお店かキッチンスタジオを貸し切って、1日限定で食堂をしようという企画でした。

もちろん本も販売して、壁には智秋さんの写真パネルを飾って。

智秋さんと僕が厨房。見元さんがフロア。

知り合いに声をかけて遊びに来てもらって、ふらっと入ってきた一見さんも大歓迎。


これはそのときのメニューの候補です。

◆とか●とかの記号が何を意味していたのかはもはやわかりません。

作り置きしておけるものとか、ある程度仕込みが必要なものとか、そんな分類だったと思います。


目玉は智秋さんオリジナルの「智魯飯」。

これも今となってはどんな料理なのかわかりません。

きっとルーローハンのアレンジだと思うのですが、智秋さんの自信作だったみたいです。


*


お店を貸し切ったり、そんな大仰なことはもうできません。

でも、もし僕の体調がもっとよくなったら、我が家で簡易版の「ひとさじ食堂」をやれたらいいな。

料理をたくさん作っておいて、ゲストはいつ来ていつ帰ってもOK。来るもの拒まず。酒と料理の持ち込み自由。参加条件は智秋さんの知り合いだったことだけ。

みんなで智秋さんを偲んで一緒にご飯を食べる。思い出話をする。

知らない人同士が、智秋さんを間にしてつながる。

そんな食事イベントができたらいいなと夢想しています。


厨房担当は僕ひとりになっちゃったけれど、智魯飯も推測で再現しましょう。



智秋さんも食べた我が家のラムロースト。

最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page