• みずき書林

ひとりと一匹の休日 9/18

妻が外出しているので(この雨のなか、友だちに会いに行った)、すごく久しぶりに、ひとりと一匹で自宅で過ごす休日。


昨日は倦怠感というほどではないのだけど、なぜか異様に眠く、ずっと眠っていた。体感としては、20時間くらい寝ていた感じ。

そのせいか、今朝は目覚めもすっきり。

7時に起きて、今日から日課になった血圧を測る。

起きてゆっくり読書。ときどきクリームを撫でつつ。

メールを何本か返信。

それから3人で散歩。途中で雨が降ってきたけど、奇跡的な準備の良さで傘とクリームのレインコートを持ってきていた。でもびしょ濡れになる。この先の数日は仕方がないか。

というか、クリームよ、明後日くらいはさすがに散歩いけないかもしれないよ。


帰宅して朝食。昨日妻が作ってくれたグラタンを温め直して。

支度をして、妻は慌ただしく友だちの元へ。


ステイシー・ケントのアルバムを聴きながら読書。

最近知ったシンガーだけど、音数の少ないバックトラックにウィスパー系のヴォーカルがとても品がよく耳に心地よい。

カズオ・イシグロのお気に入りというのもなんとなくわかる。

landslide、blackbird、one note sambaなどカヴァーの選曲も王道でいい。


読んでいるのはメイ・サートン『74歳の日記』。

一気にページ数を稼ぐような読み方ではなく、ゆっくり味わって読みたい。ほんとに身辺雑記なんだけど、読んでいるとなぜか落ち着く。

この人の未読の本はまだまだたくさんあるので、手元に置いておきたい。

メイ・サートンは老齢で心筋梗塞。こちらはそこまでの年齢ではないけれど癌。状況は異なれど、日常は続く。気持ちの持ちようで良いほうにも悪いほうにも転がりながら。


読書や音楽といったこれまで慣れ親しんできた行為について、この先、どういうふうに向き合うのがいいのか、たまにわからなくなる。

これまで愛読してきた本を再読・三読したいと思う。もう一度――最後になるかもしれないから――楽しかった読書体験を味わってみたい。

その一方で、未知のものにも触れたい。未知の良いものに触れると、途方もなく未練な気持ちにもなるのだけど。


昼食はいただきものの刀削麺。簡単で美味しかった。

クリームには鶏むね肉を茹でてあげる。


午後もソファに寝転がって読書と音楽。

普段なら少し昼寝をするところだけど、眠くならない。


14時頃、林檎とレモンと蜂蜜を使ってジャムを作る。

BGMはコルトレーンの『A Love Supreme』にしたけど、あまり林檎ジャムを作るのに適した音楽ではなかった。

匂いを嗅ぎつけてクリームがずっと足元にいる。


それからまた読書を少しして、いまこれを書いている。

外は土砂降りの大雨。

夕方の散歩が面倒だ。どうするクリーム? 

まあ、きみはどんなときでも散歩には行きたいよね。注意していくぞ。


林檎ジャム食べたい。



最新記事

すべて表示

昨日は田中さん主催の日記文化の研究会。 NHKスペシャル「新・ドキュメント太平洋戦争』の制作ディレクター・長野怜英さんと酒井有華子さんの発表ののち、討論。 とても刺激的な話だった。 個人的に面白かったのは要約すれば2点。 1点目は、何度も書きもして喋りもしていることだけど、つまるところ〈顔が見える〉という点に、僕は感興を憶えるということ。 「NHKが作った大作ドキュメンタリー」といわれれば、膨大な