top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

みんなこんなふうに感じることがあるのかな。


昔は一回眠ったら朝まで起きることはなかったし、朝になっても眠くて起きられないこともしばしばでした。

ここ数年、3時や4時に目が覚めて、そのまま眠れなくなることがよくあります。

体調は悪くない。深酒をしたわけでもない。

ただ自然にふっと目が覚めて、そのままもう眠りが訪れないのです。


会社員時代は9時に出社でしたから、早朝に目覚めて眠れないと焦ったものです。

早くもう一度眠らないとちゃんと起きられない、寝不足で出社して仕事に支障が出る、などと考えて、ますます眠れませんでした。


最近は、そういうことは気にならないので、目が覚めたらさっさと起きてしまいます。

本を読んだり仕事を始めたりしながら、夜が明けるのを待ちます。

この時間帯には読書もはかどります。



今朝もなんとなく早く目覚めました。

珍しくすぐに起きずに、しばらくベッドのなかで天井を見ていました。


まだまだそんな年齢ではないはずだけど、けっこう歳を重ねたな。

なのにいまだに、人生への向き合い方がわかってないな。

とりたてて不満はないんだけど、不安の微粒子が暗い部屋に漂っている気がする。

なにか大事なことを感じたはずなんだけど、こうして書いてみようと思うと、うまくことばにならない。

ただそのとき感じたことの、ぼんやりとした輪郭というか手触りのようなものだけが残っている感じ。


いつも明るいあの人も、常に自信満々なあの先生も、会えばへらへら笑っている彼も、真面目でおっとりした彼女も、みんなこんなふうに感じることがあるのかな。

と、あれこれの知り合いの顔を思い浮かべてみたり。


最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page