• みずき書林

みんなこんなふうに感じることがあるのかな。


昔は一回眠ったら朝まで起きることはなかったし、朝になっても眠くて起きられないこともしばしばでした。

ここ数年、3時や4時に目が覚めて、そのまま眠れなくなることがよくあります。

体調は悪くない。深酒をしたわけでもない。

ただ自然にふっと目が覚めて、そのままもう眠りが訪れないのです。


会社員時代は9時に出社でしたから、早朝に目覚めて眠れないと焦ったものです。

早くもう一度眠らないとちゃんと起きられない、寝不足で出社して仕事に支障が出る、などと考えて、ますます眠れませんでした。


最近は、そういうことは気にならないので、目が覚めたらさっさと起きてしまいます。

本を読んだり仕事を始めたりしながら、夜が明けるのを待ちます。

この時間帯には読書もはかどります。



今朝もなんとなく早く目覚めました。

珍しくすぐに起きずに、しばらくベッドのなかで天井を見ていました。


まだまだそんな年齢ではないはずだけど、けっこう歳を重ねたな。

なのにいまだに、人生への向き合い方がわかってないな。

とりたてて不満はないんだけど、不安の微粒子が暗い部屋に漂っている気がする。

なにか大事なことを感じたはずなんだけど、こうして書いてみようと思うと、うまくことばにならない。

ただそのとき感じたことの、ぼんやりとした輪郭というか手触りのようなものだけが残っている感じ。


いつも明るいあの人も、常に自信満々なあの先生も、会えばへらへら笑っている彼も、真面目でおっとりした彼女も、みんなこんなふうに感じることがあるのかな。

と、あれこれの知り合いの顔を思い浮かべてみたり。


最新記事

すべて表示

中長期的な理想と、直近の怒り

聖心女子大学で開催中の、 「気候変動とスポーツの祭典」 「暮らしから捉え直す SDGs / 気候アクション」 に行ってきました。 家から徒歩10分。もとJICAの施設があった場所です。 一番の感想を先に書いておくと、 個人の〈顔〉が見えるということがとても大事。 ということでしょうか。 気候変動・環境保全についての展示で、日常生活とオリンピックというふたつのコンセプトの展示がシームレスにつながって

料理・歌・テレビドラマ

鶏肉は薄く削ぎ切りにする。 大根も千六本に刻む。 池波正太郎先生の必殺仕掛人シリーズで、梅安と彦次郎が食べる、鳥と大根の鍋。 しっかりめに張った出汁に、ひとすくいの味噌と、醤油と酒を少々。 にんにくと生姜をたっぷり摺り下ろす。 豆腐も入れる。 「千六本にした大根は早く煮える」 という本編とはまるで無関係な一文が挿入されるところが、いい。 〆には、買い置きしてある乾麺のラーメンを入れる。最近、お気に

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.