top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

みんなでシェアスペース作りたい――6/22

6月22日(水)曇


午前中はずっとデスクワーク。新刊の写真データの整理とトリミング。

週末のシンポジウムの原稿を書く。

退院してからずっと習慣になっている昼寝。昼過ぎに疲れて、接触不良になる感じ。少し寝ると治る。

フルオンデマンドで作っている『ここから始める文学研究』がいきなり増刷。嬉しい悲鳴の予想外の好評だが、とはいえ計算内でもある。そのためのオンデマンドです。


17時、アトリエ晴山舎の森貝さんと、フリー編集者の堀郁夫くんと会う。

なんてビジネスっぽい肩書を書いているが、ふたりとも要するに前職の後輩・同僚である。

いまはみんな独立組になった。堀くんもこの秋には自分の会社を持つ予定。

森貝さんは組版・装幀デザインの仕事を受けていて、うちでは『昭和50年代研究』を組んでもらい、いまも新規の案件を2本お願いしている。

恵比寿のチベット料理店。星野道夫とオーナーとの写真が飾ってある。

モモ、カシューナッツのコロッケ、カレーなどをつまみながら。


シェアスペース妄想を逞しくする。

小さくてもいいから書店を運営して、店番しながらそのバックヤードでそれぞれの仕事をする。

書店にはコラボ書店(冒険専門書店とかタイムトラベル専門書店とかとコラボできたら……)の「支店」ならぬ「支棚」を置きたい。

地元の店ともコラボして、本以外のものも売ろう。

小さいことを逆手にとって、置いてある本の全点レビューをしよう。

棚は可動式のものにして、トークイベントや映画上映会を開催できるようにしよう。

庭なんかあったら家庭菜園もしたい(森貝、堀はともに自宅での植物栽培をがんばってる)。

などなど。

みずき書林の著者・仲間たちにもぜひ会ってもらいたいなあ。

それにつけても、良い物件さえ見つかれば……。


それから自宅に寄ってもらい、クリームとご対面。

クリームは夜の来客に大興奮で大喜びである。

前日にトリミングに行ったばかりだったので、ふたりには一番綺麗な状態のクリームちゃんを見てもらえた。


はしゃぐマスコット犬


最新記事

すべて表示

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

bottom of page