• みずき書林

やはり おさけを のむと ぶろぐの こうしんが できない。


木曜日。

昼は版元ドットコムの新年会@渋谷。

会員社の方々と懇談。旧知の方々のほか、新しく知り合いになった方も何人か。前職のころ某所でスピーチしたとき、その場にいましたという方から声をかけられて恐縮。しかも共通の著者の本を出していた。ビールとワインを少々。

夜は学生時代の後輩と@恵比寿のオシャレビストロ。

よく覚えていないけれど、彼と酒飲むのなんて、15年以上ぶりくらいじゃないだろうか。

各色のワインをグラスで。各種シャルキュトリー、皮目をカリっと焼いたサーモンのマリネ、ひよこ豆のペースト、鴨と牛肉のパイ包み焼などとともに。

フリーランスであること、あるいはインディペンデントであることについて。

お互いの来し方行く末。



金曜日。旧友たち3人と@神保町。

新年の挨拶とともに、小社書籍の増刷を祝ってくれて嬉しかった。

オールマン・ブラザーズ・バンド、ボヴァリー夫人、バグダッド・カフェ、One Art、出勤時の作法、ジミー・イート・ワールド、平野啓一郎、書店営業苦手、ウディ・アレン、青葉市子、サキ、寺尾紗穂、ボーン・アイデンティティ etc.

仕事の話はほどほどに、わりと清く美しい文化的(?)な会話。



本日土曜。いかアサ編者岡本先生@恵比寿パブ。

ふだんは関西にいらっしゃるので、なかなかお目にかかれない。

鋭意編集中の本について、目下懸案事項の打ち合わせ。刊行後のもろもろの展開。

3騎士の人気投票、刷部数、ポスター、ラジオ、外国支部、コースター、ウェブサイト、刊行イベントなどなど。




最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン