• みずき書林

やばい。いろいろ。


デザイナーさんと打ち合わせ。

みずき書林はじめ、インディペンデント系版元の頼れる味方(笑)、宗利淳一さん。


『この世の景色』の装丁打ち合わせ。

今回は男鹿さんの画を得て、シックで落ち着きのある装丁になる予定です。

イメージは、彼岸から見た、凪いだ海。



打ち合わせの後に、宗利さんに相談したい今後の予定の話をしていたら、けっこうやばいなと思いました。


まず、時間的にやばい。

9月に入ったら、そうとうに忙しくなりそうな予感。

でもまあ、忙しいのはいい。

暇よりずっといい。

やることがたくさんあると、テンションが上がる。どんとこい。

(どっちみち、休みたいときには休むよ)


それから、企画がやばい。

面白そうすぎる。

(まあ自分でやりたいことばっかりやっているんだから、僕が面白いのは当たり前だが)

すでに情報開示しているものから、まだまだ水面下・時空の果てで蠢いているものまで。

ぜんぶ、楽しく作り上げていきたいものです。


最新記事

すべて表示

歴史が傍らに立つ

9月17日(金) 偶然が重なり、ドキドキした1日。 まだ情報解禁できないので思わせぶりな書き方になりますが、午前中に見つけたある発見と、午後に届いたある知らせがつながって、嬉しい驚きになりました。 歴史がふと近寄ってきて自分の傍らに立つような。 いまここに歴史が浸透してくるような。 我々が過去を見つめるとき、過去もまた我々を見つめている。その過去からの視線を感じました。 何かを調べたり追いかけたり

病気について

みずき書林/岡田林太郎に関わってくださる皆さまへ 先月の15日から31日まで、腸閉塞で入院していました。 開腹手術をして大腸を半分ばかり切除しましたが、おかげさまで手術は成功し、いまは退院して日常生活に戻っています。 ただ、その治療と検査の過程で、胃に癌が見つかりました。 スキルス胃癌という進行の早い厄介な癌で、それがすでに大腸に転移していました。つまり、ステージ4です。 ステージ4のスキルス胃癌