top of page
  • みずき書林

やめることは簡単なことではありません。


首相が「五輪をやめることは一番簡単なこと、楽なことだ。挑戦するのが政府の役割だ」と語ったとのこと。


やめるのは簡単なこと、楽なことではない。ある場合には、もっとも難しいことになる。

やめることは、始めることよりもはるかに難しい。

かつて、進むか退くかの判断に立たされた時に、この国の為政者や軍人たちは進むことを選択し、その結果、事態をより悪化させることになった。

彼らはなぜ進むことを選択したのか。それは進むほうが、いまから退くよりもはるかに楽だったからです。


そんなことはちょっと歴史を振り返ればわかる。一国の首相なら、自国の直近の歴史くらい知って、それについて自分の意見を考えておくといいですよ。


それからな、政府の役割は「挑戦すること」ではありませんよ。

困難に挑戦することは、政府の役割や目的ではない。断じて。

あなたたちの役割は別にあるはずです。

あなたの立場なら、そのことは知っておくべきだ。


コロナに打ち勝った証としての五輪?

冗談は顔だけにしろよ。

いまや多くの国民の間では、五輪を中止にすることがあなたたちに打ち勝った証になりつつあります。

そのことも知っておいたほうがいい。


最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

bottom of page