• みずき書林

わがやのお茶事情も

発売中の『ダ・ヴィンチ』に、山田南平先生がコミックエッセイを書いておられます。

わがやのお茶事情



僕は先生の愛犬と一緒でコーヒーがダメなので、紅茶か日本茶。

仕事中は午前中に2杯、午後に3杯くらいでしょうか。

最近はアイスティーにすることもあります。


打ち合わせの時も、だいたい紅茶。

よく使う喫茶店は、


上野:椿屋珈琲店 上野茶廊 ←2階がだいたい空いていて、しかもテーブルが大きい。ノーパソ開いてペーパーを配置して本を積んでも余裕。さらに深夜までやっている。


渋谷:エクセルホテル東急の喫茶店 ←駅至近で打ち合わせには便利。しかし高い。渋谷は良い店を模索中。


新宿:椿屋 新宿東口店 ←駅至近で新宿のど真ん中なのに、穴場的に空いている。いつ行っても人が少なくて、落ち着いて話ができます。潰れないといいな。


代々木:代々木VILLAGEの2階のコンテナ ←広くはないが、ロンネフェルトの紅茶が美味しい。


恵比寿:みずき書林 ←静か。Wi-Fi環境もいい。ほかに客がいない。お茶飲み放題。結局自宅が一番。


さて。

そろそろ紅茶やめてビールに切り替えるか。


Favorite Cup & Coaster


(ところで、このブログの背景が昨日から黒くなった。

管理画面では白いままなので、直し方がわからん……。

なんだか暗い感じになっちゃってどうしたもんだか)


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴