• みずき書林

わがやのお茶事情も

発売中の『ダ・ヴィンチ』に、山田南平先生がコミックエッセイを書いておられます。

わがやのお茶事情



僕は先生の愛犬と一緒でコーヒーがダメなので、紅茶か日本茶。

仕事中は午前中に2杯、午後に3杯くらいでしょうか。

最近はアイスティーにすることもあります。


打ち合わせの時も、だいたい紅茶。

よく使う喫茶店は、


上野:椿屋珈琲店 上野茶廊 ←2階がだいたい空いていて、しかもテーブルが大きい。ノーパソ開いてペーパーを配置して本を積んでも余裕。さらに深夜までやっている。


渋谷:エクセルホテル東急の喫茶店 ←駅至近で打ち合わせには便利。しかし高い。渋谷は良い店を模索中。


新宿:椿屋 新宿東口店 ←駅至近で新宿のど真ん中なのに、穴場的に空いている。いつ行っても人が少なくて、落ち着いて話ができます。潰れないといいな。


代々木:代々木VILLAGEの2階のコンテナ ←広くはないが、ロンネフェルトの紅茶が美味しい。


恵比寿:みずき書林 ←静か。Wi-Fi環境もいい。ほかに客がいない。お茶飲み放題。結局自宅が一番。


さて。

そろそろ紅茶やめてビールに切り替えるか。


Favorite Cup & Coaster


(ところで、このブログの背景が昨日から黒くなった。

管理画面では白いままなので、直し方がわからん……。

なんだか暗い感じになっちゃってどうしたもんだか)


最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン