• みずき書林

アーサー様が強い。のか。

先だって朝日新聞・好書好日に掲載された記事


アーサー王伝説は原典からしてカオスだった 文学、ゲーム、BLで引っ張りだこの騎士物語に研究者が迫る


を受けて、書店さんに再FAXをしました。

記事掲載などマスコミへの露出を受けて、こういうときに一番注文されるのはアーサー様。



小社は取次レスのトランスビューさんと、取次店である八木書店さんの二本立てで流通をしているのですが、その都合で、倉庫を2か所に持っています。

トランスビュー用の倉庫と、八木さん用の倉庫。

実は、スリップなども2種類用意しているわけです。

なので、その2か所のバランスが崩れると、在庫を移動させたりスリップを掛け替えたりといった手間が発生してしまいます。


今回のFAX効果で、このたびトランスビューさんに預けていた〈アーサー版〉がなくなり、取次用の倉庫から移動させることになりました。

移動は手間だしコストもかかるけど、まあ嬉しい悲鳴ということで。


ここへ来て、やっぱアーサー様なのか。

ちょっとずつ、ほかのふたりを引き離しつつあります。



なお、直販キャンペーン用に社内に用意した本の残部はこんなかんじ。



ここではランスとガウェインの減りがぜんぜん早い。

ガウェインはアーサー様の3倍の速度で迫ってきます。

やはり直販でわざわざ注文をくださる猛者たちは、ご贔屓の筋が明確のようです。



直販キャンペーンは引き続き継続中。

クリアファイル、コースターがもらえるチャンスです!

ポスターも(送料いただきますが)お送りできます!



最新記事

すべて表示

『なぜ戦争体験を継承するのか』書評&オンラインシンポ

昨日5月9日の北海道新聞朝刊に、 『なぜ戦争体験を継承するのか』 の書評が掲載されました! こちらから全文を読むことができます。 評者は武蔵大学の永田浩三先生。 この価格帯の本を一般紙の書評欄に取り上げるのは、なかなか簡単ではなかったかもしれません。 ありがとうございました! * 同書は、7月11日(日)にオンラインシンポジウムが開催される予定です。 先日のウェビナーに続く第2段で、今回は、吉田裕