top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

アーサー様が強い。のか。

先だって朝日新聞・好書好日に掲載された記事



を受けて、書店さんに再FAXをしました。

記事掲載などマスコミへの露出を受けて、こういうときに一番注文されるのはアーサー様。



小社は取次レスのトランスビューさんと、取次店である八木書店さんの二本立てで流通をしているのですが、その都合で、倉庫を2か所に持っています。

トランスビュー用の倉庫と、八木さん用の倉庫。

実は、スリップなども2種類用意しているわけです。

なので、その2か所のバランスが崩れると、在庫を移動させたりスリップを掛け替えたりといった手間が発生してしまいます。


今回のFAX効果で、このたびトランスビューさんに預けていた〈アーサー版〉がなくなり、取次用の倉庫から移動させることになりました。

移動は手間だしコストもかかるけど、まあ嬉しい悲鳴ということで。


ここへ来て、やっぱアーサー様なのか。

ちょっとずつ、ほかのふたりを引き離しつつあります。



なお、直販キャンペーン用に社内に用意した本の残部はこんなかんじ。



ここではランスとガウェインの減りがぜんぜん早い。

ガウェインはアーサー様の3倍の速度で迫ってきます。

やはり直販でわざわざ注文をくださる猛者たちは、ご贔屓の筋が明確のようです。



直販キャンペーンは引き続き継続中。

クリアファイル、コースターがもらえるチャンスです!

ポスターも(送料いただきますが)お送りできます!



最新記事

すべて表示

「川の中の大きな岩になること」

山田南平先生が、先日の往復書簡を受けてブログ記事を書いてくださっています。 いつもブログを読んでくださり、ありがたいことです。 堀くんともども、励みになります。 『自省録』と般若心経の共通点について。 二十歳頃に般若心経に出会った山田先生が、それ以来ずっと指針にしてきたというのはちょっとした驚きでした。 首尾一貫したアーティストの人生には、やはり何らかの指針となるものがあるものなのでしょうか。興味

Comments


bottom of page