• みずき書林

アーサー王ワールドへタイムトラベル


タイムトラベル専門書店utoutoさんで、

いかにしてアーサー王は日本で受容されサブカルチャー界に君臨したか

を取り扱ってくださっています。



もともと、マーク・トウェインの『アーサー王宮廷のヤンキー』はお店の定番ラインナップでしたが、それに絡めて『いかアサ』もタイムトラベルものの仲間に加えてくださいました。


この機会に、タイムトラベル専門書店で『いかアサ』『アサヤン』のセットをぜひ。



そしてアーサー王でタイムトラベルといえば、山田南平先生の『金色のマビノギオン』です。

みずき書林内のutoutoっぽい本棚でもちょっとだけ言及していますが、現代の高校生がアーサー王世界にタイムスリップする漫画。

山田先生の絵はほんとうに美しく、少女漫画ですからとうぜん恋愛要素もたっぷり。

そしてアーサー王物語がざっくりとでも頭に入っている人には、気になってしかたがないストーリー展開。

『いかアサ』では山田先生のロングインタビューも収録。


『金色のマビノギオン』はオンラインで連載中!→こちらから、いますぐ読めます。冒頭2話が無料+おまけマンガもあり〼。


山田南平先生のブログはこちら。マンガの裏話、料理、家族、愛犬満載。毎日更新。


『金マビ』『いかアサ』『アサヤン』『dondon』みんな赤い。

最新記事

すべて表示

覚悟をうながす経験は、満潮時の波のようにやってくるのかもしれない。 ひたひたと足元に寄せてきたと思うと、危うく足を濡らす寸前で引いていく。 それが何度か繰り返されるうちに、確実に波は水位を増してきて、やがて足を濡らし、徐々に足元を満たしていく。 しばらく続く今回の痛みも、そういう波のような経験のひとつなのだろう。 次の痛みは、今回の痛みよりもほんの少し強いのかもしれない。そうとは気づかないくらい少