top of page
  • みずき書林

アーサー王ワールドへタイムトラベル


タイムトラベル専門書店utoutoさんで、

いかにしてアーサー王は日本で受容されサブカルチャー界に君臨したか

を取り扱ってくださっています。



もともと、マーク・トウェインの『アーサー王宮廷のヤンキー』はお店の定番ラインナップでしたが、それに絡めて『いかアサ』もタイムトラベルものの仲間に加えてくださいました。


この機会に、タイムトラベル専門書店で『いかアサ』『アサヤン』のセットをぜひ。



そしてアーサー王でタイムトラベルといえば、山田南平先生の『金色のマビノギオン』です。

みずき書林内のutoutoっぽい本棚でもちょっとだけ言及していますが、現代の高校生がアーサー王世界にタイムスリップする漫画。

山田先生の絵はほんとうに美しく、少女漫画ですからとうぜん恋愛要素もたっぷり。

そしてアーサー王物語がざっくりとでも頭に入っている人には、気になってしかたがないストーリー展開。

『いかアサ』では山田先生のロングインタビューも収録。


『金色のマビノギオン』はオンラインで連載中!→こちらから、いますぐ読めます。冒頭2話が無料+おまけマンガもあり〼。


山田南平先生のブログはこちら。マンガの裏話、料理、家族、愛犬満載。毎日更新。


『金マビ』『いかアサ』『アサヤン』『dondon』みんな赤い。

最新記事

すべて表示

堀くん 第2回往路を読みました。 鶴見俊介曰く、 「歴史を考えるときには、「回想の次元」からだけでなく、「期待の次元」からも見ることが大切だと思っている」 とのこと、つまり、歴史を考えるときには、ある種のポイティブさをもって臨むことが必要ということでしょうか。 期待というのは未来(これから起こる歴史)を見つめるときの態度であって、回想は過去(すでに起こった歴史)を見通すときに必要である、とするなら

bottom of page