• みずき書林

アーサー王ワールドへタイムトラベル


タイムトラベル専門書店utoutoさんで、

いかにしてアーサー王は日本で受容されサブカルチャー界に君臨したか

を取り扱ってくださっています。



もともと、マーク・トウェインの『アーサー王宮廷のヤンキー』はお店の定番ラインナップでしたが、それに絡めて『いかアサ』もタイムトラベルものの仲間に加えてくださいました。


この機会に、タイムトラベル専門書店で『いかアサ』『アサヤン』のセットをぜひ。



そしてアーサー王でタイムトラベルといえば、山田南平先生の『金色のマビノギオン』です。

みずき書林内のutoutoっぽい本棚でもちょっとだけ言及していますが、現代の高校生がアーサー王世界にタイムスリップする漫画。

山田先生の絵はほんとうに美しく、少女漫画ですからとうぜん恋愛要素もたっぷり。

そしてアーサー王物語がざっくりとでも頭に入っている人には、気になってしかたがないストーリー展開。

『いかアサ』では山田先生のロングインタビューも収録。


『金色のマビノギオン』はオンラインで連載中!→こちらから、いますぐ読めます。冒頭2話が無料+おまけマンガもあり〼。


山田南平先生のブログはこちら。マンガの裏話、料理、家族、愛犬満載。毎日更新。


『金マビ』『いかアサ』『アサヤン』『dondon』みんな赤い。

最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン