top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

アーサー王学会印象記 後日付記


先日のテキスト「12/8 アーサー王学会 印象記」について、2点の補筆。


〈後日付記その1〉

デヴィッド・ボウイの瞳の色が違うことについては、若いころに実兄との喧嘩で殴られたことが原因で片方の目の瞳孔が開いたままになってしまった、というご指摘がありました(山田南平先生サイドから……恐縮です……)。

そのため、虹彩の色は左右とも同じとのことです。

つまり彼の眼の色が違う(ように見える)ことは、後天的なものですね。

若いころの喧嘩が原因とはいちおう知ってはいたのですが、Wikipediaに、


「ボウイの虹彩の色が左右で違うのは目を殴られたためとの説があるが、先天性の虹彩異色症によるものである」(「デヴィッド・ボウイ」の項目)


「デヴィッド・ボウイ(ミュージシャン。男優) - 先天性。右眼はブルー(青色)、左眼はヘーゼル(淡褐色)」(「虹彩異色症」の項目)


とあったので、つい引きずられました……。

ご教示いただき、ありがとうございます!

ともあれ、彼の眼の色が違うことが、ただでさえ美しい顔をしているボウイのカリスマ性をいや増していることは間違いありません。

神話的なビジュアルをもったミュージシャンとしては、アルビノのエドガーとジョニ―のウィンター兄弟とともに最高峰でしょう。



〈後日付記その2〉

ロイエンタールの旗艦はトリスタンであり、パーツィバルに乗ったのはミュラーである、という指摘を銀英伝帝国派の我が義弟からいただきました(笑)。

これもそのとおりです。

どっちもアーサー王ネタなので、ついごっちゃにしてしまいました。


田中芳樹が数あるアーサー王登場人物の中から、どういう理由でこのふたりを選んで戦艦名にしたのかは、興味のあるところです。

トリスタンもパーシヴァルも、円卓の騎士中で屈指の高徳の騎士であり、しかもトリスタンにはイゾルデという特定の恋人がいて、パーシヴァルは聖杯探求に成功するわけだから純潔です。

つまり、生真面目なミュラーはともかく、漁色家のロイエンタールの搭乗艦としては、必ずしもふさわしい名前ではない。

かといってロイエンタールを「モードレッド」に乗せたりしたら、ネタバレになりすぎると思ったのでしょうか。


最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page