top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

インタビューされる側に。


日本出版貿易(JPT)さんの企画で、1時間ほどの取材を受けたのがアップされました。



近日中にSpotifyやApple podcastにもアップされるとか。

ひとり出版社のなれそめとか、前職との関係、新刊のことやこの夏のイベントのことなどを喋っています。

ご関心の向きはぜひ聞いてみてください。



以下、ちょっと余談というか編集後記的なことですが。


自分が喋るのを聞くのって、本当に苦手です。

公開前に編集いただいたものを聴いたのですが、「もっとああいえばよかった」「こいつは何てまどろっこしい話し方をするんだろう」「喋るの早いんだよ」「食い気味で喋るなよ」と気になるところばっかり。


僕はもともと人前で喋ることが得意ではないし、大好きというわけでもありません。

ただ最近思うのは、こういう場でヘンにオドオドしたり自己卑下したりしてはいけない、ということ。自己防衛的に自虐的・伏し目がちなことを言うのは、ある意味では楽ですが、おそらくそういう態度をしてはいけない。

喋るのが上手じゃないのはしかたがない。ラジオパーソナリティみたいに流暢でかっこよく喋るのは無理です。

でも、他社さんに声をかけていただき、そこの媒体に乗る以上は、せめて自分が考えていることのうち最良の部分(と思っていること)を、できるかぎりまっとうな(と自分で考えている)態度で喋ったほうがいい。



というわけで、なんだかJ-WAVEみたなことを口走っているところもありますが(笑)、笑ってお聞き流しください。


なお、幕間ではオリンピックに絡めてわりと政権の話などをしたのですが、そういうあたりはちゃんとカットしてくださっています(笑)。



日貿の田中さんのリードで、なんとか格好がつきました。田中さんとスタッフでついてくださった望月さん、ありがとうございました!


他の版元やライブラリアンの話を聞けるのも楽しみにしています。



最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

いまが全盛期

病気になって以来、活動量は減った。 一時はもう仕事はできないと思って会社を閉じようと思い、仕事を整理した時期もあったため、刊行ペースは落ちている。 体力・筋力も落ちて外出もなかなかしづらくなった。打ち合わせは基本的に自宅か、恵比寿・広尾界隈に関係者のかたに来てもらうかたちで行っている。 フットワーク軽くいろんな場所やイベントに出かけていくこともなくなった。 もちろん今でも充実はしている。やるべきこ

Comentários


bottom of page