• みずき書林

オンライン、たまに対面

今年はじめて、対面での打ち合わせ。

夕方にすごく久しぶりにデザイン事務所を訪れ、3人でミーティング。

もちろんマスク完備で1時間ほど。


その他の今月のスケジュールは、

・オンライン会議×1件

・オンライン研究会×1件

・オンラインでの自分の授業×2コマ

・オンラインでの他の先生の授業への参加×1件

・オンライン呑み会×2件

とオンライン・オンパレード。


そのなかにあって、時間帯と場所を選べば――そして相手さえ抵抗がなければ――対面で会えるのはやっぱりいいものですね。


3月に出す本の打ち合わせ。

内容は日本近現代のなかの個人のドラマというまっとうな内容ですが、例のスポーツの祭典絡みで、なかなか難しい配慮をしなければならない案件です。

デザイナーのみなさまには微妙な調整をお願いすることになりそうで、感謝申し上げます。


明日は上記オンライン祭のなかのひとつ。

海外向けの書籍輸出の会社のみなさまに、新刊の商品説明。

かつては彼らと一緒にアメリカに行って、何千人も集まる学会に参加していたなんて、遠い夢のようです。


最新記事

すべて表示

新刊書籍の発売日について

『なぜ戦争をえがくのか』 『なぜ戦争体験を継承するのか』 の発売日について。 1月予定であった刊行が遅延しましたこと、またいま現在、刊行日の表記が揺れていますこと、まずお詫び申し上げます。 現状を記しますと、書籍はすでに刊行・発売されています。 入荷や店頭での様子をSNSに挙げてくださる書店さんもあり、ありがたいことです。 ただし、お店によってはまだ入荷していないところもあります。 またAmazo

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.