• みずき書林

オンライン、たまに対面

今年はじめて、対面での打ち合わせ。

夕方にすごく久しぶりにデザイン事務所を訪れ、3人でミーティング。

もちろんマスク完備で1時間ほど。


その他の今月のスケジュールは、

・オンライン会議×1件

・オンライン研究会×1件

・オンラインでの自分の授業×2コマ

・オンラインでの他の先生の授業への参加×1件

・オンライン呑み会×2件

とオンライン・オンパレード。


そのなかにあって、時間帯と場所を選べば――そして相手さえ抵抗がなければ――対面で会えるのはやっぱりいいものですね。


3月に出す本の打ち合わせ。

内容は日本近現代のなかの個人のドラマというまっとうな内容ですが、例のスポーツの祭典絡みで、なかなか難しい配慮をしなければならない案件です。

デザイナーのみなさまには微妙な調整をお願いすることになりそうで、感謝申し上げます。


明日は上記オンライン祭のなかのひとつ。

海外向けの書籍輸出の会社のみなさまに、新刊の商品説明。

かつては彼らと一緒にアメリカに行って、何千人も集まる学会に参加していたなんて、遠い夢のようです。


最新記事

すべて表示

病気について

みずき書林/岡田林太郎に関わってくださる皆さまへ 先月の15日から31日まで、腸閉塞で入院していました。 開腹手術をして大腸を半分ばかり切除しましたが、おかげさまで手術は成功し、いまは退院して日常生活に戻っています。 ただ、その治療と検査の過程で、胃に癌が見つかりました。 スキルス胃癌という進行の早い厄介な癌で、それがすでに大腸に転移していました。つまり、ステージ4です。 ステージ4のスキルス胃癌