• みずき書林

オンラインショップについての二通りのテキスト その②


発送作業が好きだ。


本を用意して、買ってくれた個人のお客さんの名前と住所を打ち出して宛名ラベルを作って、ビニールやプチプチに包んで、封筒に収める。


考えようによっては面倒だけれど、確実に、誰かの手元に届くという実感がある。


あまり知られていないことだけど、出版社がエンドユーザーである読者と直接つながる機会は、そんなにはない。

そういう実感を感じさせてくれる仕事って、楽しい。

加えて、自宅からほんの100メートルほどの直線距離だけど、ポストまで歩くのだけでも、楽しみには違いない。

僕はこの本を書いた著者がどんな人なのか知っているから。いい本なのを知っているから。

本がまっすぐに読者のもとに届くという実感は、いいものです。


最新記事

すべて表示

オンライン、たまに対面

今年はじめて、対面での打ち合わせ。 夕方にすごく久しぶりにデザイン事務所を訪れ、3人でミーティング。 もちろんマスク完備で1時間ほど。 その他の今月のスケジュールは、 ・オンライン会議×1件 ・オンライン研究会×1件 ・オンラインでの自分の授業×2コマ ・オンラインでの他の先生の授業への参加×1件 ・オンライン呑み会×2件 とオンライン・オンパレード。 そのなかにあって、時間帯と場所を選べば――そ

出版計画2021

今年の出版計画。 まだ情報アップできない企画も多いのでゆるっとしか書きませんが……。 大川史織編著 『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』 蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編 『なぜ戦争体験を継承するのか―ポスト体験時代の歴史実践』 この2点はもうすぐ刊行。 それに続くのが、 野入直美著『沖縄-奄美の境界変動と人の移動―実業家・重田辰弥の生活史』 このあたりまでは確定。 そのほか

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.