• みずき書林

オンライン・タイムトラベル・ショッピング

タイムトラベル専門書店utoutoさんのオンラインショップが開設されています。 utoutoは、店長藤岡みなみさん、デザイン担当なかいかおりさん、文具担当比留川香さんが運営している、タイムトラベルと時間に関する本やグッズを集めたセレクトショップです。 コンセプトと品ぞろえも個性的ですが、固定店舗を持たないというスタイルも独特です。 全国津々浦々のギャラリーやレンタルスペースに不意に現れ、タイムリミットが来たら時空の裂け目に消えていきます。 こんな状況ですからなかなか出現できないと思っていたら、すばやくウェブ上に現れました。さすがです。 みずき書林は、一緒にZINEを作っています。 ZINEは目下3号まで。書店運営エッセイでありつつ、イラストや手書き文字、音楽が聴けるQRコード、ショートショートなど、〈紙と字と画にできること〉をいろいろ盛り込んでいます。 utouto本店と、直接取引している一部の書店さん、それと小社のウェブショップからしか買えません。 最新作dondonはこれまでは小社ウェブサイトのみでの販売でしたが、これからは本家のネットショップで買えます。 この機会にぜひ! (みずき書林ショップからも引き続きご購入いただけます。しかも「みずき書林通信」なる怪文書付だ) なお、僕のお進め本は、 ・リプレイ ・ターン ・笑うな ・スローターハウス5 ・歴メシ! (制作に関わった本は除く)。 と書いていたら、なんと北村薫トリオが早くもsold out。 ZINEトリオも続け。

『穴場ハンター』の店長コメントも注目です。

最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴