top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

コイシイワ


『タリナイ』(大川史織監督、2018年)の冒頭とラストシーンに「コイシイワ」という歌が流れます。

日本語で書かれた、マーシャル人の愛唱歌。

日本語で書かれているけど、ほとんどの日本人が知らない歌。


はじめて映画を観てこの歌を聴いた2017年の初夏以来、何度も繰り返し聴いてきました。

大川さんにねだっていただいた音源をスマホに入れているのです。

楽譜もいただいて、ウクレレで練習しました。



今日、ほんとに何の気なしに、久しぶりにウクレレでこの曲を弾いてみました。

簡単なコードのイントロに続いて、


コイシイワ アナタハ


と歌った瞬間、絶句して落涙しそうになりました。

とても歌いきることはできませんでした。


この歌の歌詞が、異様なリアリティとともに、僕のなかで今までとはまったく異なる意味を持ったことに気づきました。


カードが次々と裏返るように、2017年の初夏以来の記憶の断片が、新たな鮮烈さで蘇ります。


同時に、はるか昔にこの歌を作った名前も知らないマーシャルの人と、心が通ったようにも思いました。

心が通った、とはありきたりな言い方ですが、でも、この歌を作った人の泣きたい気持ちがわかったような気がしたのです。


過去は凝固したものではなく、思っているよりもずっと柔らかいもののようです。



コイシイワ 

アナタハ

イナイトワタシ

サビシイワ

ハナレル

トオイトコロ

ワタシノオモイ タタレテ



ちょうど2年前も、この歌を聴いていました。

最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

退院しています

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

明日退院予定

今日退院予定でしたが、まだ病院にいます。 明日には退院予定です。 しかし体調は悪く、病状は一歩悪くなったという自覚があります。 吐き気とお腹の張りが慢性的にあり、苦しい。 点滴のほかに鼻とお腹からチューブが出ているから、見た目にもかなり痛々しいと思います。(次に僕に会う人は、引かないようにお願いします) 入院前のように普通に振る舞うことはもうできないかもしれません。長時間大きな声で喋ると吐きそうに

Kommentare


bottom of page