top of page
  • みずき書林

コイシイワ


『タリナイ』(大川史織監督、2018年)の冒頭とラストシーンに「コイシイワ」という歌が流れます。

日本語で書かれた、マーシャル人の愛唱歌。

日本語で書かれているけど、ほとんどの日本人が知らない歌。


はじめて映画を観てこの歌を聴いた2017年の初夏以来、何度も繰り返し聴いてきました。

大川さんにねだっていただいた音源をスマホに入れているのです。

楽譜もいただいて、ウクレレで練習しました。



今日、ほんとに何の気なしに、久しぶりにウクレレでこの曲を弾いてみました。

簡単なコードのイントロに続いて、


コイシイワ アナタハ


と歌った瞬間、絶句して落涙しそうになりました。

とても歌いきることはできませんでした。


この歌の歌詞が、異様なリアリティとともに、僕のなかで今までとはまったく異なる意味を持ったことに気づきました。


カードが次々と裏返るように、2017年の初夏以来の記憶の断片が、新たな鮮烈さで蘇ります。


同時に、はるか昔にこの歌を作った名前も知らないマーシャルの人と、心が通ったようにも思いました。

心が通った、とはありきたりな言い方ですが、でも、この歌を作った人の泣きたい気持ちがわかったような気がしたのです。


過去は凝固したものではなく、思っているよりもずっと柔らかいもののようです。



コイシイワ 

アナタハ

イナイトワタシ

サビシイワ

ハナレル

トオイトコロ

ワタシノオモイ タタレテ



ちょうど2年前も、この歌を聴いていました。

最新記事

すべて表示

新しく出版社を立ち上げた堀郁夫くんのブログを読んでいます。 もともとうちから刊行する予定だった『原爆写真を追う』の新刊情報もアップされました。四十手前の男を捕まえて何ですが、新しいことを始めるひとの初々しさを感じます。 今日は少し、いや、けっこう羨ましい感情が不意に湧き起こって眩暈がするようでした。 僕にはもう新しいことを始める余力はありません。いまやっていることのひとつに、遺言状の制作があります

病気がわかって生活が変わる前と比べて自分が不幸になったかと自問してみると、あまりそうとも思えない。 もちろん、あれやこれやと制限は多くなった。なんやかんやと体調も悪い。このあれやこれややなんやかんやの中身を詳しく書き始めるといくらでも書けてしまうということはある。その最大のものとしては、やはり死が年齢不相応に間近なものになった。そういう意味では、不自由のない暮らしからは遠く隔たった。 でもいわゆる

bottom of page