• みずき書林

すべてはシオリのシナリオどおりに……

先日の冒険クロストーク(オンラインで購入可能です)を聴き直して、大川さんに無茶ぶりされていたのを思い出しました……。

というわけで、絵を描きました。


諏訪さんの碇ゲンドウに引きずられる格好で、荻田さんは副指令に、智秋さんは綾波に扮していただきました。

でも大川さんは当日の思い出として、寒冷地仕様そのままで(笑)。




聴き直してみて、荻田さんが

「諏訪さんの岡田愛がすごいですよね」

とか、

「(大川さんと岡田は)仲がいいですよね」

などと質問してくださったときに、諏訪さんや大川さんが答える前に、僕が前のめりで先に喋っていることに気づきました。

これは明確に照れているんですね(笑)。


最新記事

すべて表示

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

あと数日、ただ生きていることに専念させてください。 表面上は何もせず、ただベッドの上で生きているだけ。 返信しないといけないメッセージもメールも一旦置かせてください。送らないといけない郵便物も、かけないといけない電話も、少し待ってください。考えたり思うことを書きつけるのさえ、いまは少し億劫なのです。 とにかくあと数日は、完全な受け身の状態で、やってくるものに対処していきます。 何がやってくるのかは

前の記事をアップしてから、つまり入院してからもう4日も経ったのか。 この間、昨日と今日の区別がなく、今日と明日の区切りも漠然としていました。 吐き気と痛みと倦怠感。 30分おきに目が覚める微弱な睡眠が、昼となく夜となく続きます。 本も読む気がしない。テレビも見たいと思わない。音楽も耳を潤さず、人の声も辛くなる。 とにかく気力がない。決定的に気力が損なわれた数日でした。 今もまだ、生きたいという自然