• みずき書林

シンポジウムに登壇します

日本オーラル・ヒストリー学会(JOHA)の6月のシンポジウム企画として、


語りを一冊に編みあげるまで――野入直美(2021)『沖縄-奄美の境界変動と人の移動』を手掛かりに


(1)日時:2022年6月25日午前10時~12時半(最長13時)

(2)開催方式:ハイブリッド方式、会場:上智大学2号館5階FGS会議室


が開催されます。

野入直美先生の『沖縄―奄美の境界変動と人の移動』を俎上に、著者の野入先生、語り手である重田辰弥さん、それに編集者/版元代表としての不肖私が登壇します。


コメンテーターは有末賢先生と、僕と同世代でいろいろ親しくお話をさせていただいている根本雅也さん。


このラインナップのなかで何を話そうかと思っているのですが、企画者である蘭信三先生からは事前に、

「JOHAのメンバー、とりわけ作品化を目指している若手にとって、大きな示唆を与えるのではないかというのが本会のねらいです」

と言われております。

そこで、本書を題材にして野入先生との本作りのプロセスを追いつつも、かなり実践的というか内情公開的というか、

「出版社はいかにして研究者と出会うのか、その具体的方法と留意点」

という点まで踏み込んでお話しできればなどと考えています。



なお、本シンポジウム参加は6月24日までに事前登録が必要です。

登録はこちらから


ハイブリッド形式なので、上智大学の会場でもオンラインでも聴講可能。

また非会員にも開かれているので、誰でも自由に参加できます。


僕のパートはともかく、他の方々の語りは、研究者や実践者にとって、あるいは書籍化を考える若手にとって有意義なものになろうと思います。

ぜひご参加くださいませ。




最新記事

すべて表示

6月26日(日) 目下進行中の日記にかかわる単行本企画、2度目の研究会兼編集会議。 1530より明治学院大学にてハイブリッド。 対面参加者は田中さん、河内さん、大川さん、僕。 オンラインでは島さん、宋さん、小澤さん、中野さん。 それぞれがこの一カ月で調査してきた日記のプレゼン。 僕は伊藤整、高見順、堀田善衛、高松宮、木戸幸一の日記を調べた。 これらのメジャーな日記は、他の方々が調査した庶民や無名の