top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

タイムトラベル専門書店ZINE3号dondon、発売開始!

藤岡みなみ店長のZINE第3弾、本日から小社ウェブサイトで販売開始です。 くわしくはこちらをどうぞ。

今回はdondonと題しました。 もちろんイラストはなかいかおりさん、手書き文字は比留川香さん。 本の中では、いつものメンバーが集まっています。 お知らせその1。 いままでは店舗で先行発売してきましたが、今回はまずはウェブサイトで発売開始です。 時空の裂け目から次のお店が登場するのには、少し時間がかかるかもしれません。 つまり今のところ、ここだけでしか買えないのです……!

お知らせその2。 ご注文いただいた方には、ZINE作りの裏話などを綴ったフリーペーパーを同封します。utoutoからのメッセージもありますよ。

なお、小社サイトは1000円以上のお買い上げで、180円の送料が無料になります。 つまり、700円のZINEを2冊買えば……。 バックナンバーもこの機会にぜひ。

お知らせその3。 また上記サイトでは、スペシャルコンテンツを用意しました。 〈dondon発売記念 special contents !〉utoutoっぽい本棚@みずき書林

タイムトラベル専門書店utoutoの本やグッズを勝手に紹介しています。 ちょっとだけでもお店に来た雰囲気を感じてもらえれば(まあ、写っているのはみずき書林の棚ですが)。 「タイムトラベルが現実にあるとすれば、それは過去や未来への感受性のことなのかもしれない」。1号で藤岡さんは書いています。 いつの間にこんなことに。

いつになったら終わりになるの。 そんなふうに思ってしまういまこそ、過去を愛おしむことと、未来を望むことが、必要です。 そしてまた、 おそらく本にまつわる世界も、大きなダメージを受けるでしょう。 僕は出版社ですから、つい自分の本が売れることを最優先してしまいます。 でもたぶんそれ以上のことがやってみるべきです。 本屋さんてそもそもそういう場所なんだと、ZINEとサイトを作りながら再確認しました。 ここに紹介した本やグッズが誰かの手に取られるきっかけになれば、嬉しいことです。

春らしい色どりの新作、ぜひご覧ください!

最新記事

すべて表示

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

ひとまず書き上げる

いま、みずき書林の通常の編集業務と同時進行で、自分の本の執筆をしています。 たったいま、その執筆がひととおり終わりました。 もちろんひとまず最後まで書き切っただけで、これから二巡目の推敲に入っていくことになります。大幅な書き換えが必要な部分も出てくるかもしれません。 「あとがき」などもこれから書かないといけません。 ゲラ校正などまで考えると、やっと素材の原形質が揃ったという段階に過ぎません。 とは

Comments


bottom of page