• みずき書林

タイムマシンに全員集合 utouto live 2019/8/16

2019年8月16日19時30分。


この曲やってくれないかな、やるんじゃないかな、と思っていたら、ギターのイントロが鳴ってベースラインが響いた瞬間からそれとわかる「メトロポリタン美術館」。

のっけから大満足で、ライブが始まります。



ステージの背後には巨大な円形のスクリーン。

時計になったり、月になったり、地球になったり、ロゴやステージカメラを映したり。



青木慶則さん、藤岡みなみ&ザ・モローンズのオリジナルもしっかり聴かせます。とりわけ「文房具の音」という青木さんの曲は、その場で録った文房具の使用音をレイヤーしてループさせるアイデアも楽しく、この企画にぴったり。


カバーソングのセレクトも楽しい。

「時をかける少女」「あの日にかえりたい」「タイムマシンにお願い」など、とくに印象的。

大貫妙子、原田知世、荒井由実、加藤ミカが、それぞれの原曲で美魔女感、幼い繊細さ、気だるい切なさ、姐御感を醸しているとすれば、グルーヴ感あふれるバンドサウンドに支えられて、藤岡さんのボーカルは、健康的でカラフル。清涼感があります。

キュートでちょっとストレンジというのがこの人の個性であり、それはutoutoという本屋さんのコンセプトにもそのまま当てはまるようです。


しかし、ベースがぶりぶり鳴っていて、実に気持ちがいい。ベースがしっかりした音でうねっていると、満足度が高い音圧になります。

ドラムも思わずじっと仕事ぶりを見てしまいます。ドラマーの方は細身で眼鏡で、とくに「タイムマシンにお願い」では高橋幸宏みが強い。


ライブは、間にutoutoのトークを挟んだ構成。

なかいかおりさんの自作の絵本の朗読。人前で読み聞かせをすることに慣れていらっしゃるんだろうな、と思わせる落ち着いた声です。クラウドに手拍子をさせたり歌わせたり、なんだか隣のお姉さんみたいな。

その後には比留川香さんによる、utoutoで売れ筋の万年筆・文具の紹介。スマホのカメラを背景の円形スクリーンと連動させ、推しの文房具を映しながら愛を語ります。もうとにかく、嬉しそうに文房具について語る人なのです。

おだやかな落ち着きと、すなおな喜び。これもまた、店舗の個性になっているようです。



21:30くらいに終了。

「あまり飲みすぎないように」という忠告を守り(?)、ライブの感想等々話しつつ、同行の研究者タナカさんとともに終電まで呑んだのでした。



ライブなんだから、1枚くらい写真撮ろうよ。



最新記事

すべて表示

具合悪い。

といっても、流行り病などではない。 朝から飲まず食わずなところへ、発泡剤とバリウムを飲まされて、台の上でぐるんぐるんにされて。 ほんとに嫌いなんだよな。 そのあと、下剤まで飲まされてさ。 これをやるたびに、その日ずっと体調が悪い。 食欲がなく、お腹がどんよりして、10歳くらい歳をとったような気がする。 な~にが健康診断だよ。 この薄甘い水溶きセメントを飲まされるたびに、僕は心身ともに弱っていく。

ゆるゆる決算ふわふわ経理

決算。 税理士さんとの打ち合わせ。 決算・経理系の話し合いだけは、いつになく真面目な顔でやるのですが…… 税「今年はけっこうたくさん本を出しましたね」 僕「はい。それなりに」 税「今年刊行した本を確認していきたいんですが、(書類をめくりながら)まずこのどんどんと……ええと……」 僕「ああ、はい。むきむきですかね」 税「そうですね、どんどんとむきむき。それとこのうとうと……」 僕「うとうと? うとう

「なぜ歴史に関心があるんですか?」

この1週間で、2回同じ質問をされました。 「どうして戦争や近現代史の本を出すようになったんですか?」 2回とも、うまく答えられませんでした。 というか、ひとに言うほどのカッコいいストーリーがあるわけではないんです。 無理に説明しようとすれば、いくつかの要因はあるかもしれません。 たとえば、 『火垂るの墓』を観に行ったとき、隣で号泣していた祖母のこと。 高校時代の担任で、かわいがってくれた歴史の先生