• みずき書林

タイムマシンに全員集合 utouto live 2019/8/16

2019年8月16日19時30分。


この曲やってくれないかな、やるんじゃないかな、と思っていたら、ギターのイントロが鳴ってベースラインが響いた瞬間からそれとわかる「メトロポリタン美術館」。

のっけから大満足で、ライブが始まります。



ステージの背後には巨大な円形のスクリーン。

時計になったり、月になったり、地球になったり、ロゴやステージカメラを映したり。



青木慶則さん、藤岡みなみ&ザ・モローンズのオリジナルもしっかり聴かせます。とりわけ「文房具の音」という青木さんの曲は、その場で録った文房具の使用音をレイヤーしてループさせるアイデアも楽しく、この企画にぴったり。


カバーソングのセレクトも楽しい。

「時をかける少女」「あの日にかえりたい」「タイムマシンにお願い」など、とくに印象的。

大貫妙子、原田知世、荒井由実、加藤ミカが、それぞれの原曲で美魔女感、幼い繊細さ、気だるい切なさ、姐御感を醸しているとすれば、グルーヴ感あふれるバンドサウンドに支えられて、藤岡さんのボーカルは、健康的でカラフル。清涼感があります。

キュートでちょっとストレンジというのがこの人の個性であり、それはutoutoという本屋さんのコンセプトにもそのまま当てはまるようです。


しかし、ベースがぶりぶり鳴っていて、実に気持ちがいい。ベースがしっかりした音でうねっていると、満足度が高い音圧になります。

ドラムも思わずじっと仕事ぶりを見てしまいます。ドラマーの方は細身で眼鏡で、とくに「タイムマシンにお願い」では高橋幸宏みが強い。


ライブは、間にutoutoのトークを挟んだ構成。

なかいかおりさんの自作の絵本の朗読。人前で読み聞かせをすることに慣れていらっしゃるんだろうな、と思わせる落ち着いた声です。クラウドに手拍子をさせたり歌わせたり、なんだか隣のお姉さんみたいな。

その後には比留川香さんによる、utoutoで売れ筋の万年筆・文具の紹介。スマホのカメラを背景の円形スクリーンと連動させ、推しの文房具を映しながら愛を語ります。もうとにかく、嬉しそうに文房具について語る人なのです。

おだやかな落ち着きと、すなおな喜び。これもまた、店舗の個性になっているようです。



21:30くらいに終了。

「あまり飲みすぎないように」という忠告を守り(?)、ライブの感想等々話しつつ、同行の研究者タナカさんとともに終電まで呑んだのでした。



ライブなんだから、1枚くらい写真撮ろうよ。



最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.