• みずき書林

『タリナイ』トークゲスト


昨日2日(火)は、アップリンク渋谷で公開中の映画『タリナイ』のトークゲストとして登壇しました。

上映は20:20から。登壇は22時からというやや遅めの時間でしたが、ほぼ満席でたくさんの方がお越しくださいました。


上映が始まってから、大川監督・司会のアーヤ藍さんと打ち合わせをしたのですが……。

僕は正直、人前で喋るのが苦手です。

もともとがひどい人見知りなうえに、シャイで緊張しやすく、しかも緊張すると早口になるという困った人間です。

かつてある先生から「請われれば一指し舞える人になれ」と言われて、それ以来、何であれスピーチなど頼まれたら断らないようにはしていますが、とはいえ苦手なものは苦手。

打ち合わせ中も脱兎のごとく逃げ出そうとして、ふたりに止められるということを繰り返していました。

苦手なんだよな~こういうの。


そうこうしているうちに時間になり、僕は呼び込まれるままに、よちよちと劇場内に入ったのでした……。


客席がけっこう埋まっているのを見た瞬間に、ホッとしました。やはりお客様が入っているかどうかが一番気がかりでしたから。

席はけっこう埋まっています。

しかし、観客が多ければ多いで、緊張感はいや増すのでした。

見渡すと、知り合いの顔がそこここに見えます。

皆がにこにこと、あるいはニヤニヤとこっちを見ています。

アーヤさんがなにやら口上を述べています。

監督がなにか喋っています。

ふたりとも、実に流暢になごやかに話をしています。

僕はぼんやりしています。

目が泳いでいます。

気づけば、僕はマイクをテーブルに置いて、腕を組んで、ふたりの話にふんふんと頷いているばかりなのでした。

聞き役に徹しようとするトークゲスト。

それはそれで斬新かもしれん。後期の水曜どうでしょうにおけるミスターみたいに。

しかしそんなことをしていては、あとでふたりに怒られる。わざわざ来てくれた知り合いの嘲弄を受ける。

それは嫌なので、進退窮まった僕はしかたなくマイクを握ったのでした……。


……それから何を喋ったのかはよく覚えていません。

いつのまにか、トークの時間は終わっていました。

30分程度と聞いていましたが、そんなに時間が経ったとは信じられません。

お客様はお帰りになりました。


気づけば僕は、日記の翻刻に参加したメンバーが作ってくれた、本の巨大なオブジェ(どうしてそんなものを作ったのかはわかりません。それは僕に訊かれても困る)を手に記念撮影をしていました。


そのようにして、そう滅多にあることではないであろう、映画上映の後のトークゲストというイベントは終わりました。

やれやれやれ。

でも、楽しかった。

アーヤさんと大川さんのおかげで、なんとか格好がつきました。


そして、昔の友達、前職の同僚、いまお付き合いしている仕事仲間など、多くの人が来てくださり、ほんとうにありがたかったです。

皆様、御礼申し上げます!


巨大な謎物体にとまどう

最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.