top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

デスクからの風景


この1年でいろんなグッズが増えました。

いつも座っている場所から周囲を見渡すと……




正面:左手には映画『タリナイ』のチラシと、サイトウ・ワークス謹製のみずき書林ラベル。右手には目下進行中、『いかアサ』のチラシ。






左手:入口付近。映画『タリナイ』のポスターと、『民族曼陀羅 中國大陸』の小松健一さんからいただいた少数民族苗族の額装写真。




背後①:写真家、宇佐美雅浩さんのキプロスでの作品ポスター。2017年。細部の高い密度と砂原の荒い隙間が同居する、荒涼としながら熱を感じる風景。



背後②:本棚の上。左より、小松さんからいただいたチベットの緑の石。サイトウ・ワークス最大の問題作・巨大化版装丁オブジェ。右隅に冨五郎バス。



右後方:環礁バッグ(サイトウ・ワークス多いなぁ)。貝殻で縁取られた美しい籠は、マーシャルのアミモノ。




右手:小社刊行物置き場。『戦争社会学研究』は1巻も在庫しています。




最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

いまが全盛期

病気になって以来、活動量は減った。 一時はもう仕事はできないと思って会社を閉じようと思い、仕事を整理した時期もあったため、刊行ペースは落ちている。 体力・筋力も落ちて外出もなかなかしづらくなった。打ち合わせは基本的に自宅か、恵比寿・広尾界隈に関係者のかたに来てもらうかたちで行っている。 フットワーク軽くいろんな場所やイベントに出かけていくこともなくなった。 もちろん今でも充実はしている。やるべきこ

Comentários


bottom of page