• みずき書林

デヴィッド・ボウイの100冊

少し前の話になりますが、デヴィッド・ボウイが選んだ愛読書100冊のリストが公開されました。



ケルアック『オン・ザ・ロード』、ブルース・チャトウィン『ソングライン』やアントニー・バージェス『時計仕掛けのオレンジ』、オーウェルの『1984』など、いかにもボウイが選びそうな作家が見えます。



マーティン・エイミスやマキューアン、ジュリアン・バーンズなどイギリスの小説家が多くて、僕が(翻訳ですが)学生時代に好んで読んだものも多く、嬉しくなります。

三島もいますね。The Sailor Who Fell From Grace With The Seaだから『午後の曳航』か。



アメリカの作家も多いのですが、マイケル・シェイボンの『ワンダー・ボーイズ』があったのが、意外といえば意外でした。

この本は僕も大好きです。

マイケル・ダグラス、ロバート・ダウニーJr.、トビー・マグワイアで映画化もされました。

マイケル・ダグラスが主人公の小説家でロバート・ダウニーがその編集者。

悪友同士でいままで一緒に栄光をつかんできたけど、いまは落ち目でそれぞれのトラブルを抱えている。

そこに、すごい小説を書く奇矯な神童、トビー・マグワイアが絡みます。


ロバート・ダウニー扮する編集者が、著者と編集者の関係を訊かれて、

「作家は血の汗を流して死ぬ思いで原稿を書き、編集者はそのスペルミスを直す」

と答える場面が好きでした。


ラストシーンでは、「これからどうしたらいい?」と戸惑うその編集者に向けて、老作家がひとこと、

「improvise」

と答えます。



オフビートで飄々としたおかしさがあって、ボウイの趣味だったとはやや意外ですが、とてもいい小説でした。



最新記事

すべて表示

小道具を散りばめて心をのぞく――藤岡みなみ私論

タイムトラベル専門書店utoutoプレゼンツ、タイムトラベラー養成講座の情報が公開になりました。 小社の関係では、大川史織さん、音食紀行・遠藤雅司さんが登壇。 藤岡さんとのトークイベント、楽しみですね。 「100日間シンプル生活」が終わってしばらく経ち、いささか遅きに失した観があるものの、このタイミングで、タイムトラベルと「100日間シンプル生活」に絡めて、極私的・藤岡みなみ論を。 (対象との距離

ダンス・ダンス・ダンス

僕らのまわりにある大抵のものは僕らの移動にあわせてみんないつか消えていく。それはどうしようもないことなんだ。消えるべき時がくれば消える。そして消える時が来るまでは消えないんだよ。たとえば君は成長していく。あと二年もしたら、その素敵なワンピースだってサイズがあわなくなる。トーキング・ヘッズも古臭く感じるようになるかもしれない。――『ダンス・ダンス・ダンス』 なんやかんやと言われますが、村上春樹が好き