• みずき書林

トークイベント「独立」と「癌」

ダメ押しの告知です。


トークイベントに登壇します!


冒険クロストークVol.9「独立」と「癌」


明日11月27日(土)17時~20時

ですが、アーカイブ視聴可能です。

あとから、いつでも好きな時間に聞けますので、ぜひ!

詳細・チケット購入は上記のリンクからどうぞ。


会場参加チケットは、これを書いている18:30時点で、あと2枚。

画家の諏訪敦さん、ドキュメンタリー映画監督の大川史織さん、小社の近刊『旅をひとさじ』の著者・松本智秋さんがいらっしゃいます。

そのほかにも僕の知り合いもたくさん参加くださるようで、当日僕はいろんな方々を結び合わせるのに忙しくなりそうです(笑)。


・ひとり出版社もしくは書店をやってみたい方。

・いま現在、版元・書店を経営している方。

・がん闘病中の方。

・本と人が好きな方。


冒険家/書店経営者と、病人/出版社経営者の異色すぎる対談となります。


僕はシャイで喋るのが得意ではないので、おそらく、こういうふうにオープンなかたちで病気について喋る機会はそんなにはないはずです。


ある程度事前の打ち合わせはしていますが、実際に自分がどんなふうに・何を喋るのかは、まだわかりません。

あれも言いたい、こんなふうにも喋りたいというイメージはあります。

でもそんなに上手に喋れるかどうか。


見守っていただければ幸いです!



最新記事

すべて表示

鷗と月――社名は難しい。

会社の名前を決めるのは難しい。 2018年に創業するときに、社名を「みずき書林」としました。 その由来はけっこう喋ったり書いたりしてきました。 そのときに、他にはどんな候補があったんですか? というのはたまに訊かれる質問です。 ボツになった名前というのはなかなか公開するのが恥ずかしいんだけど、せっかくなので、ボツ社名を書いておきましょう。 1.かもめ書店 僕の名前は林太郎と言います。 いうまでもな