• みずき書林

ハイブリッド授業


オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。

10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。


まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。


オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。

音声はマイクを通してハウリングしないのか。

対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

主に技術的なことが気になる。



まあ、やってみるよりしゃあない。


学生さんは今年も真面目で、リーダーシップをとれる学生もいて、グループワークはなかなかいい感じになってきた。

大人数の講義のほうも、毎回終わるたびに質問や感想のメールが送られてきて、自宅でひとりで喋るむなしさとさびしさ(笑)が少し変わってきた。


技術的なトラブルで滞らないようにしないと。


まあでも、対面は楽しみではあるな。

やっぱり顔が見えるし、本などの現物を手に取ってもらうこともできるし。



最新記事

すべて表示

阿呆の条件

ふん。 要するに、自宅でバタバタ人が死んでも、「医療体制は崩壊していない」と言い張れるということか。 僕は極めて温厚な人柄で知られているが、そんな僕でも、お前らはほんとうにアホなのかと思うよ。 アホというのはどういうことか。 ①に、ことばで説明しようという意志がないこと。 言語化能力が低くてもかまわない。でも最低限、ことばを尽くして他者に説明しようとする意志は、リーダーには必要だろう。 ②に、まっ

本が買われる瞬間

28日(水)、今野書店に向かう。 新しくパネルを設置するため。 簡単なテキストに壁新聞制作中の写真を添えたもの。 しばらくフェア台の前を見張っていると、若い女性客が土門蘭さんの『戦争と五人の女』を買っていく現場に遭遇。 嬉しくてまた抱きつきそうになる(抱きつかないが)。 帰りの電車の中で土門さんにメール。 初回納品の大半が売れて残部1になったので、補充することに。 その足で森岡書店へ。 最後のイン