• みずき書林

ハイブリッド授業


オンライン授業にもやっと慣れてきたと思ったら。

10月からはハイブリッドでやるよーにとお達しが来た。


まあ話す内容が大きく変わるわけではないし、こういうのは一回やって慣れてしまえばどうということはないのだけど。


オンラインで見ている学生と、教室のスクリーンで見ている学生に、うまく同じ画像をシェアできるのか。

音声はマイクを通してハウリングしないのか。

対面とオンラインで、対話がうまくできるのか。

主に技術的なことが気になる。



まあ、やってみるよりしゃあない。


学生さんは今年も真面目で、リーダーシップをとれる学生もいて、グループワークはなかなかいい感じになってきた。

大人数の講義のほうも、毎回終わるたびに質問や感想のメールが送られてきて、自宅でひとりで喋るむなしさとさびしさ(笑)が少し変わってきた。


技術的なトラブルで滞らないようにしないと。


まあでも、対面は楽しみではあるな。

やっぱり顔が見えるし、本などの現物を手に取ってもらうこともできるし。



最新記事

すべて表示

ハイブリッド授業はたいへんだ

大学の非常勤、今月からハイブリッドになりました。 僕は大学に行って、教室からリモート授業をするわけです。 で、来られる(対面授業を希望する)学生さんは、来ることも可能。 で、6名の演習形式の4限。 教室に来た学生さん、先週ふたり。今週0人……。 170名ほどの履修がいる6限。 先週ふたり、今週ひとり……。 いや、別にそれはぜんぜんかまわないんだ。 こういう状況だし、ぜったい教室に来ないといけないわ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.