top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

ハイブリッド授業はたいへんだ


大学の非常勤、今月からハイブリッドになりました。

僕は大学に行って、教室からリモート授業をするわけです。

で、来られる(対面授業を希望する)学生さんは、来ることも可能。


で、6名の演習形式の4限。

教室に来た学生さん、先週ふたり。今週0人……。


170名ほどの履修がいる6限。

先週ふたり、今週ひとり……。



いや、別にそれはぜんぜんかまわないんだ。

こういう状況だし、ぜったい教室に来ないといけないわけではない。

それぞれが考えて好きな選択ができるのがハイブリッドのいいところです。

ごく少ない人数でも、学生の顔が見られるのはわるくない。


(まあ、0人てことは教室でひとりで喋るわけ。あるいは200人くらい入る大教室で、学生とサシになるわけ。これはこれでおかしい)



ただ、出欠管理がちょう面倒くさい。

これもハイブリッドという事態に対応した出欠システムを完備するのは難しいだろうし、誰を責めるわけでもないけれど。

しかし、オンラインの出欠ログを見ながら170人をひとりずつ登録していくのは、すげえ時間がかかる。

CSVの読み込みもできるという触れ込みではあるが、(詳しい説明は省くが)170人もいればエラーだらけで、すんなりいくわけない。


それよりなにより、教室の備え付けのPCを使うんだけど、今週はそれがなぜかネットにつながらなかった。

いろいろやってみてもまるで動作せず、講師室まで駆け上がり、予備のPCを掴んであわてて駆けおりることになり、冒頭20分ほどロスしました。

学生の皆さん、すまん。

前回うまくできたので接続面は心配していなかったのだけど、トラブルはじっと息をひそめて襲いかかってくるチャンスをうかがっている。


最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

Comments


bottom of page