top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

バー「ジャージャン」にて


昨夜。天現寺交差点のすぐ近く。


早坂暁先生の奥様と一緒に、桃井章さんの経営するポルトガル・バー「ジャージャン」にうかがう。

章さんは、桃井かおりさんのお兄様。

新刊『この世の景色』の「はじめに」を桃井かおりさんに書いていただいたので、本を謹呈差し上げる。

桃井章さんのブログにも書いてあります)


7時前くらいから10時頃まで。

上記のブログの通り、章さんもそうとうな勢いでブログを更新されている。

〈コミュニケーションの双方向性〉というのが苦手で、ブログの書きっぱなし・投げっぱなしの感覚が好き、というお話をする。

そのほか、もちろん早坂先生と桃井かおりさんのお話。

なんだか聞いているだけで胃に穴が開きそうな、現場での女優の奔放さ(誰がどこで見ているかわからないので、詳細は書かない)。

そしてそんな女優を泣かせたことがあるという脚本家のエピソード。


方言は興味深い。

散歩は楽しい(広尾界隈の散歩コースと、ポルトガルを闇雲に歩いたときの詩人とのお話)。

携帯電話を忘れたときに、番号を憶えていない自宅に電話する方法。

最近観た映画と大河ドラマ。

そしてテレビ業界のかずかずの人びと(テレビを持っていない僕には誰のことなのかさっぱりわからない)。

そんなお話を次々と。


バーにはポルトガルのグッズとともに、壁におばあさまの写真が飾ってありました。

桃井かおりさんの面影があり、そして時代的に、『花へんろ』でかおりさんが演じた早坂先生のお母様の雰囲気もあるのでした。


最新記事

すべて表示

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

bottom of page