• みずき書林

バー「ジャージャン」にて


昨夜。天現寺交差点のすぐ近く。


早坂暁先生の奥様と一緒に、桃井章さんの経営するポルトガル・バー「ジャージャン」にうかがう。

章さんは、桃井かおりさんのお兄様。

新刊『この世の景色』の「はじめに」を桃井かおりさんに書いていただいたので、本を謹呈差し上げる。

桃井章さんのブログにも書いてあります)


7時前くらいから10時頃まで。

上記のブログの通り、章さんもそうとうな勢いでブログを更新されている。

〈コミュニケーションの双方向性〉というのが苦手で、ブログの書きっぱなし・投げっぱなしの感覚が好き、というお話をする。

そのほか、もちろん早坂先生と桃井かおりさんのお話。

なんだか聞いているだけで胃に穴が開きそうな、現場での女優の奔放さ(誰がどこで見ているかわからないので、詳細は書かない)。

そしてそんな女優を泣かせたことがあるという脚本家のエピソード。


方言は興味深い。

散歩は楽しい(広尾界隈の散歩コースと、ポルトガルを闇雲に歩いたときの詩人とのお話)。

携帯電話を忘れたときに、番号を憶えていない自宅に電話する方法。

最近観た映画と大河ドラマ。

そしてテレビ業界のかずかずの人びと(テレビを持っていない僕には誰のことなのかさっぱりわからない)。

そんなお話を次々と。


バーにはポルトガルのグッズとともに、壁におばあさまの写真が飾ってありました。

桃井かおりさんの面影があり、そして時代的に、『花へんろ』でかおりさんが演じた早坂先生のお母様の雰囲気もあるのでした。


最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.