• みずき書林

ヒトのクッキー、犬のクッキー

先日書いた、小島さんのお菓子屋さん、上糖舶来



広尾の我が家からだと、白金のプラチナ通りを上がり、上がりきる直前(プラネタリウムのカフェがあるあたり)で郷土歴史館のほうに曲がります。

ようするに白金台駅から徒歩至近。



で、先週末の話ですが、3種類のマドレーヌ(バニラ・キャラメル・レモン)、

各種クッキー(スノーボール、バニラ&発行バター、ブルーチーズ&はちみつ)などなどを買いました。



どれもとても美味しい。

とりわけマドレーヌは、焼き立てのレモンと、予想していたよりもビターなキャラメル味が印象的。焼き菓子が好きで、この味が好きじゃない人なんていない。

クッキーはブルーチーズ&はちみつが予想通りに秀逸。甘すぎず、紅茶はもちろん、白ワインに合いました。

そして一番プレーンだと思わせておいて、バニラと発酵バターがすばらしい。なんというか、バニラとバターと小麦粉と、おいしいクッキーというのはそういうシンプルな素材の絶妙なブレンドでできているのだと実感できます。



そしてそうこうしていたら、店主の小島さんから、パセリのクッキーをいただきました。

これはもともと犬用なんだけど、ヒトが食べても大丈夫なやつだとか。

たしかに原材料は全粒粉と豆乳とオリーブオイルとパセリ。大丈夫そうどころかヘルシー。

甘さや塩の味はなく、香ばしい風味を楽しむ。

ポリポリの食感、10センチに満たない食べきりサイズで、つまみはじめるととまらない。

ヒト科向けの食べものでいえばグリッシーニが近いでしょうか。

例によって、ワインに合う。

クリームチーズなんかと合わせてもよさそう。


最近、間食もほぼまったくしないでずっと自宅で自炊してたから、こういうサクサク・カリカリのものを味わってなかったな。


それにしても犬、こんなおいしいものを食べているのか。

わんわん。


© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.