• みずき書林

ヒレカツサンドが食べたくなったら

得意料理のひとつに、ヒレカツサンドというものがあります。

難しいことはなにもありません。

豚のヒレ肉を3センチ幅くらいにカットし、そのウラオモテを包丁の背で叩いて薄くします。

塩コショウを振って、セオリー通り、小麦粉→溶き卵→パン粉の順番に衣をつけて揚げ焼にするだけです。

叩いて薄くしてあるから、大量の油で揚げる必要もありません。フライパンに少々多めに油を引くだけで簡単に揚げられます。


脂身のほぼないヒレという部位が、われわれ一家の好みなのです。

包丁で叩いた肉は柔らかく、セミ・メンチカツみたいな食感になっています。

ほどよい火入れができると、外はカリカリで中はジューシーな美味しいヒレカツができあがりです。


このまま食べるもよしですが、ソースやマスタードとともにお好みのパンに挟むと、なかなか素敵なごはんになります。

揚げたてで温かいぶん、まい泉を超えているといっても過言ではない。



これが妻の好物で、油っぽい料理はそれほど好まない妻が、このヒレカツサンドだけは、この世で最も好みのサンドイッチだと食べてくれます。

先日も食べながら、いつものように無邪気に美味しいと言われ、僕は不意に涙がこぼれたのでした。

先述のとおり、難しくもない料理で、いままで何度も作ってきました。

作るたびに褒められ、褒められるたびに「いつでも作れるよ」と言ってきたのでした。

しかし、もう僕は「いつでも作れるよ」とは安請け合いできないかもしれません。

いまから何年か後に妻がヒレカツサンドが食べたくなっても、そのときには僕はもう作ってあげられない可能性が高いのです。

そのときはどうするんだ。ヒレカツサンドが食べたくなったら、どうしたらいいんだ。


ヒレカツサンドなんて雑な料理を食べながら、じわじわと涙が滲んだのでした。



最新記事

すべて表示

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

木曜にケモ。 金曜に4回目ワクチン(オミクロン対応)。 ワクチンの副反応で38度超えの熱が出て、そこに抗がん剤の副作用の倦怠感と吐き気が重なって、かなり辛い。 この週末はずっと病臥。 熱が高いから、文字通りずっとこんこんと眠ってるだけ。20本立てくらいの悪夢を見る。 大事な食事会でポークローストを無惨に焦がしたり、友人たちと丘の上から巨大なキノコ雲を眺めたり、そういった類の大小の悪夢を次々と。 食