• みずき書林

ヒロシマの高校生が描いた「原爆の絵」展

更新日:8月9日


有楽町の交通会館1階ギャラリー「パールルーム」で、


ヒロシマの高校生が描いた「原爆の絵」展


が開催中です。



本企画に深いかかわりを持つ小倉康嗣先生の編著書

なぜ戦争体験を継承するのか――ポスト体験時代の歴史実践

も展示・販売いただいています。


そのほか、福山啓子さん作・演出の「あの夏の絵」のDVDなども発売。

原爆体験者の方々の語りから、高校生たちの絵、小倉先生の研究論文、福山さんの劇作、と、3つの表現が生まれたことになります。



そのことは、アカデミズム・アート・年齢を架橋する試みとして、今後いっそう大切になってくると予想しています。



今日は設営中に本を届けただけだったので、展示をゆっくり見る時間はありませんでした。

あらためてうかがって、ちゃんと見ます。

本日より、8月14日(土)まで。


最新記事

すべて表示

歴史が傍らに立つ

9月17日(金) 偶然が重なり、ドキドキした1日。 まだ情報解禁できないので思わせぶりな書き方になりますが、午前中に見つけたある発見と、午後に届いたある知らせがつながって、嬉しい驚きになりました。 歴史がふと近寄ってきて自分の傍らに立つような。 いまここに歴史が浸透してくるような。 我々が過去を見つめるとき、過去もまた我々を見つめている。その過去からの視線を感じました。 何かを調べたり追いかけたり