• みずき書林

プロの授業を聴講


先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。

去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。


大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。


内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。

なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。


1.PCスキルが高い

2.スライドが見やすい

3.学生の参加感が高い

4.口調がゆっくり


授業前にはチャットで出欠確認と今日の流れの確認。

それからzoomに移動して、全体への説明の後、グループワークはブレイクアウトルームを活用して。

そういう流れがスムーズなんだ。

スライドはさくさく動くし(作るの面倒だから、動かすの嫌い)。

学生の参加感は、これは僕も自分の授業で感じていたけど、昨今の学生は意外と物怖じしないし、喋れと言われればきちんと話ができる。人と会う機会が減って、授業がオンラインになったことは、学生の対話したい・声を出したいという意欲をむしろ上げたかもしれない。


そして4な。

ゆっくり穏やかに喋るの、すごく大事。

脳への浸透度というか、理解度がぜったい違う。

これは僕の最大の反省点というか。

いまだにペース配分がわかっていない。

いや、わかっているんだが、あれこれ言いたいことが出てきて、いつもオーバーペース気味になる。

次の講義も、言いたいことをまとめたらもう1万字越えてるんだよな……。




最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

どんなふうに暮らしていけばいいのか、あらためて整理してみた。

さて。 首都圏のみなさまにはいかがお過ごしでしょうか。 もう1回経験したことですから、ゆったりした気持ちで臨みましょう。 幸いにも、僕自身の暮らしはそうは変わらないはずです。 もちろん今後どうなるかはわかりませんが、医療従事者や飲食関係者、そのほか接客業・店舗など直接的に即効的に影響を受ける方々に比べれば、まだしも耐えやすいのは確かです。 そういう境遇にいることに感謝しつつ、誰かに迷惑をかけないよ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.