• みずき書林

プロの授業を聴講


先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。

去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。


大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。


内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。

なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。


1.PCスキルが高い

2.スライドが見やすい

3.学生の参加感が高い

4.口調がゆっくり


授業前にはチャットで出欠確認と今日の流れの確認。

それからzoomに移動して、全体への説明の後、グループワークはブレイクアウトルームを活用して。

そういう流れがスムーズなんだ。

スライドはさくさく動くし(作るの面倒だから、動かすの嫌い)。

学生の参加感は、これは僕も自分の授業で感じていたけど、昨今の学生は意外と物怖じしないし、喋れと言われればきちんと話ができる。人と会う機会が減って、授業がオンラインになったことは、学生の対話したい・声を出したいという意欲をむしろ上げたかもしれない。


そして4な。

ゆっくり穏やかに喋るの、すごく大事。

脳への浸透度というか、理解度がぜったい違う。

これは僕の最大の反省点というか。

いまだにペース配分がわかっていない。

いや、わかっているんだが、あれこれ言いたいことが出てきて、いつもオーバーペース気味になる。

次の講義も、言いたいことをまとめたらもう1万字越えてるんだよな……。




最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴