• みずき書林

リゾートホテルにて


連休中は旅行していて、書き溜めたテキストを順次アップしていくことでブログをまかなっていました。

そんなことをしていたら、すっかりリズムが狂って、ここのところ毎日アップという目標がグズグズ気味です。

(なお、僕のように自宅を事務所にして公開している会社は、「旅行中です~」などとリアルタイムでアップしてリア充のふりをするのは、防犯上の理由からはばかられます。

初期のTwitterでは「○○なう」という表現が流行りましたが、いまは廃れましたね)



今回の旅では、いろいろ大人の事情があって、某高級リゾートホテルクラブの会員に勧誘される場面がありました。

営業スタッフと面談して、世界中で展開しているリゾートクラブの会員にならないかとオススメされるわけです。

担当になった営業の男性は、デスクに「2018年度営業成績ナンバーワン」みたいなトロフィーがたくさん飾られていて、自信と精力に満ち溢れた、いかにもやり手っぽい方です。

しかしこちらは会社を立ち上げたばかりのぺーぺーで、高額のリゾートクラブ会員権など買える分際ではありません。



営「この先、どこか行ってみたい場所はありますか?(そこで泊まれる高級ホテルはこんなにありますよ!と営業する気満々)」

僕「ええと……(「マーシャル諸島共和国」と言いそうになるが、さすがにそこに高級リゾートチェーンがないことくらいはわかる。入会する気はないが、相手をいたずらに困らせるのは本意ではない)」

営「どこでもおっしゃってくださいね~(自信に満ちた満面の笑顔。脇に据えられたパソコンの検索窓に地域名を打ち込み次第、ホテル一覧が出てくるようになっている)」

僕「ああ。と。アウシュビッツですね」

営「は?」

僕「えと。アウシュビッツ。一度行ってみたいですね、やはり」

営「……わかりました。岡田さまはご入会されるお気持ちはない。と(無理笑)」



たしかに入会するつもりはなかったけれど、別にムリなことを言って困らせるつもりはなかったんです。

そりゃ確かに、さんさんと輝く太陽のもとでビーチに寝転がってまったりする、という場所ではないかもしれないけれど、とはいえ世界的に名の知れた観光地です。楽しいばかりが観光ではありませんよ。

釈迦に説法ですが、ツーリズムは多様化しています。ダークツーリズムって知ってます? 平和博物館は?

そういう旅にも、けっこう需要はあると思いますよ。そりゃまあ、高級リゾートホテルっていうよりは、どっちかというと貧乏旅行みたいな雰囲気がぬぐえないのは認めますが。

ああ。輝く太陽と海があればいいんなら、たとえばアグメジ島とかどうですか。ありますか? 御社のホテルは? いいところらしいですよ。


と言おうかと思いましたが、話が長くなりそうなのでやめました。


はたして、しがない出版社の僕が、高級リゾートクラブの会員になる日は来るのか?

(つづく。嘘。つづかない)


とはいえ今回は高級だった。高級すぎて呆然とする。

最新記事

すべて表示

おやうみなさい

布団に潜り込んで、最後の力をふりしぼってこれをフリックしている。 ここ数日バタバタわたわたしていて、今日はもう疲れた。パトラッシュ並みに疲れた。 ここんとこブログ更新が断続的なのもわかっている。こういうのって15分もあれば更新はできる。でも、単に時間さえあれば書けるというものでもないんだ。 気力。というとバカみたいだけど、ある種の勢いがないと、時間があってもなかなか更新はできない。 ここんとこ、そ

喜ばしく楽しく継承すること――『あの夏の絵』公演

昨日、青年劇場の公演「あの夏の絵」を観てきました。 戦争ものの芝居というと、ヘヴィな内容かと想像されます。 もちろん、重い体験談が語られる場面もあるのですが、高校の美術部の友情と葛藤がストーリーの骨子にあるので、観終わった印象は爽やかですらあります。 構造は、ストレートな青春劇です。 登場人物は6人、舞台装置もシンプルで派手な演出もなく、とてもわかりやすい。 わかりやすく、爽やかというのは、戦争の

プロの授業を聴講

先日、知り合いの講義にゲスト参加させてもらう機会がありました。 去年も参加させてもらったのですが、今年はオンラインで。 大川さんの『マーシャル、父の戦場』から、佐藤冨五郎さんの日記を読み解く授業。 内容もさることながら、やっぱりプロのオンライン授業はすごいぜ、と感心しました。 なんちゃって非常勤講師としては、専門家の振る舞いに学ぶところが多かった。 1.PCスキルが高い 2.スライドが見やすい 3

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.