• みずき書林

一列に行く虹の中

少し前に「メメント・モリと写真と絵画」というタイトルで、『メメント・モリと写真――死は何を照らし出すのか』(東京都写真美術館)の図録や諏訪敦さんの画とともに言及した、智秋さん撮影の動画をアップしておきます。


1分程度の短い動画なので、ぜひご覧になってみてください。

僕はなぜか、この映像に惹かれてしかたがありません。




早坂暁先生の親友だった渥美清(そう、あの渥美清です)の句に、


 お遍路が一列に行く虹の中


というのがあるといいます(『この世の景色』より)。


光の中に人々が歩み去っていく智秋さんの映像を見ていると、そんな句が思い出されたりもするのです。


最新記事

すべて表示

退院して、ひとまず体調を自分のコントロール下に置くことを目指しつつ、日々を過ごしています。訪問看護師の方たちの手厚い看護も本当にありがたい。 こうなってみると、かつての僕にはそれなりの気力や体力が備わっていたのだと思います。 いまはそれらが愕然とするほど落ちている。 ……いま、寝落ちして、この間に15分ほど空いた。 かける量も減った。 でもできる範囲のことを少しずつ。 ああ、もう、それしかないのよ

1週間前、退院。 自宅はすっかり在宅療養仕様。 介護ベッド。 手すり付きのトイレ。 ここをイメージしながら、最後のラスボスとの戦いをイメージする。