• みずき書林

上手く書けるか

いろいろな意味で。上手く書けるか。


スマホのアプリを使い、病室のベッドの上でフリックで書いている。

いつものPCキーボード入力とは違う。


そもそも、2日前にお腹を開けて、手術をしたばかりで何をするにも痛いし遅い。誤字も多いだろう。


メモのような、散らし書きのようなテキストになるはずだ。


病気の詳細や入院までの経緯などはまたあらためる。いまはそういう細かいことは書けない。


大病をして、ぼくは自分が異様に恵まれていることに気づいてしまった。

病院を見つけるまでに多少時間がかかったとはいえ、大きな良い病院の個室に入れている。看護はものすごく手厚い。

腸閉塞。緊急手術で開腹。大腸の一部を切除。一時は大腸癌の疑いもあった。


ぼくの周りでだけは、医療崩壊など起こっていない。でも病室のテレビを観ると都内の医療体制は崩壊に瀕している。昨日はぼくと同年代の女性が自宅療養中に亡くなった。


これは一体どういうことなのだろうか。




最新記事

すべて表示

こんなにもエントリーの間が空いたことはなく、ご心配とご迷惑をおかけしています。 毎日同じように布団の中で眠っているだけです。だけど今後の治療の大きな方針も立ちました。 まだまだがんばります。 先月先月21-から23日今月まだ、しかかけない。

あと数日、ただ生きていることに専念させてください。 表面上は何もせず、ただベッドの上で生きているだけ。 返信しないといけないメッセージもメールも一旦置かせてください。送らないといけない郵便物も、かけないといけない電話も、少し待ってください。考えたり思うことを書きつけるのさえ、いまは少し億劫なのです。 とにかくあと数日は、完全な受け身の状態で、やってくるものに対処していきます。 何がやってくるのかは

前の記事をアップしてから、つまり入院してからもう4日も経ったのか。 この間、昨日と今日の区別がなく、今日と明日の区切りも漠然としていました。 吐き気と痛みと倦怠感。 30分おきに目が覚める微弱な睡眠が、昼となく夜となく続きます。 本も読む気がしない。テレビも見たいと思わない。音楽も耳を潤さず、人の声も辛くなる。 とにかく気力がない。決定的に気力が損なわれた数日でした。 今もまだ、生きたいという自然