top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

上手く書けるか

いろいろな意味で。上手く書けるか。


スマホのアプリを使い、病室のベッドの上でフリックで書いている。

いつものPCキーボード入力とは違う。


そもそも、2日前にお腹を開けて、手術をしたばかりで何をするにも痛いし遅い。誤字も多いだろう。


メモのような、散らし書きのようなテキストになるはずだ。


病気の詳細や入院までの経緯などはまたあらためる。いまはそういう細かいことは書けない。


大病をして、ぼくは自分が異様に恵まれていることに気づいてしまった。

病院を見つけるまでに多少時間がかかったとはいえ、大きな良い病院の個室に入れている。看護はものすごく手厚い。

腸閉塞。緊急手術で開腹。大腸の一部を切除。一時は大腸癌の疑いもあった。


ぼくの周りでだけは、医療崩壊など起こっていない。でも病室のテレビを観ると都内の医療体制は崩壊に瀕している。昨日はぼくと同年代の女性が自宅療養中に亡くなった。


これは一体どういうことなのだろうか。




最新記事

すべて表示

岡田林太郎の妻です。 いつもこのBlogを楽しみにしてくださり、ありがとうございます。 かねてから病気療養中でした岡田林太郎が、去る7月3日の3:00ごろ自宅で息をひきとりました。 享年45歳でした。 一般的にみれば、早すぎる死といわざるをえません。 ですが本人は、短い人生だったけれど悔いはないとさっぱりした口調で申していました。 これもひとえに、夫と縁をもってくださった皆さまと充実した時間を過ご

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

昨日、退院して自宅に戻っています。 ただし体調は万全とはいかず、吐き気、お腹の張り、高熱に苦しんでいます。 せめてそのうちどれかひとつだけでも治ってくれるといいのですが。 昨日も今日も仕事を再開するなど本格的な再起動にはほど遠く、ただベッドで横になっていただけです。焦ってはいけないと言い聞かせつつ。

bottom of page