• みずき書林

世界のかたち


この3年間で、みずき書林の刊行物が何らかのかたちで取り上げた国・地域を囲んでみた。


ふむ。

まだまだ触れるべき場所はほんとにたくさんあるな。


「全地域に言及する」という目標も、出版社として面白いかもしれない。


もっともっと深掘りしたいところもあるしね。




最新記事

すべて表示

歴史が傍らに立つ

9月17日(金) 偶然が重なり、ドキドキした1日。 まだ情報解禁できないので思わせぶりな書き方になりますが、午前中に見つけたある発見と、午後に届いたある知らせがつながって、嬉しい驚きになりました。 歴史がふと近寄ってきて自分の傍らに立つような。 いまここに歴史が浸透してくるような。 我々が過去を見つめるとき、過去もまた我々を見つめている。その過去からの視線を感じました。 何かを調べたり追いかけたり