• みずき書林

中世レシピ&生ハム、ラム


この週末は家族を招いて、誕生パーティ。


前菜は遠藤雅司さん(音食紀行)『英雄たちの食卓』(宝島社)より、マリー・アントワネットのレタスのスープ。



嬬鳳花さん(コストマリー事務局)『中世ヨーロッパのレシピ』(新紀元社)より、レンズ豆と鶏肉の煮込み。



そしてまだまだ健在の生ハム原木より、ハムをたっぷり。

生ハムのカットは、みんな最初は興味津々ですが5~6枚切ったら飽きる、ということ気づいた。たしかに、面倒なんだよな。手はべたべたになるし。


次の皿は、その生ハムを使ったカルボナーラ。

我が家のカルボナーラはクリーム不使用で、卵、生ハム、胡椒、にんにく、チーズだけで作ります。



メインディッシュはラムの赤ワイン煮込み。クスクスを添えて。

ラムはローストにすることが多いのですが、今回は煮込みで。




最新記事

すべて表示

8時には店が軒並み閉まるのに、料理が上手くいかなかったら何を食べればいいのか。

カオマンガイ。 だれでも知っているタイ料理。 お店で食べても美味しいけれど、意外と簡単に家でも作れる。 だけどな。 後世のためにここに書いておく。 炊飯器ひとつでカオマンガイが作れる。みたいなレシピは全部嘘です。 米と調味料と鶏肉を入れて、通常の水量と時間で炊けば美味しいカオマンガイが出来上がり。みたいなレシピはすべて嘘です! 本当は御影石に刻んで部屋の真ん中に打ち立てておきたいくらいだ。 そりゃ