• みずき書林

中世レシピ&生ハム、ラム


この週末は家族を招いて、誕生パーティ。


前菜は遠藤雅司さん(音食紀行)『英雄たちの食卓』(宝島社)より、マリー・アントワネットのレタスのスープ。



嬬鳳花さん(コストマリー事務局)『中世ヨーロッパのレシピ』(新紀元社)より、レンズ豆と鶏肉の煮込み。



そしてまだまだ健在の生ハム原木より、ハムをたっぷり。

生ハムのカットは、みんな最初は興味津々ですが5~6枚切ったら飽きる、ということ気づいた。たしかに、面倒なんだよな。手はべたべたになるし。


次の皿は、その生ハムを使ったカルボナーラ。

我が家のカルボナーラはクリーム不使用で、卵、生ハム、胡椒、にんにく、チーズだけで作ります。



メインディッシュはラムの赤ワイン煮込み。クスクスを添えて。

ラムはローストにすることが多いのですが、今回は煮込みで。




最新記事

すべて表示

ジャンクフードの日

昨日の昼飯。 ・カップ焼きそば ・おにぎり(胡麻と鮭) ・コンビニレジ横のホットフードコーナーで売ってるメンチカツ 同夕食。 ・前日に海老と蓮根の春巻きを作ったときに残った餡をフライパンで焼いただけのもの。出来損ないのもんじゃ焼きみたいな代物 ・缶ビール ・蕎麦焼酎ロック 以上をすべてキッチンで立ったまま。 本を読みながら/落語を聞きながら。 そしたら深夜に異様な空腹で眠れず、 深夜4時。 ・サッ