top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

予定のない一日


誰かに会う予定も、今日中に対応しなければならない急用もない一日。

Googleカレンダーには「イベントはありません」と表示されています。


いつもよりちょっとゆっくり起きて、洗濯物を干しました。

メールをいくつか返信したら、じっくりと原稿を読みます。

読む際に留意すべきチェックポイントを設定して、シャープペンシルを片手に、A4で100枚ほどの原稿を腰を据えて読みます。

BGMはガブリエル・フォーレの『レクイエム』。


不思議と誰からもメールも電話も来ない午前中で、あっという間に昼過ぎ。

(いや、一件電話がありました。読者からで、誤植の指摘でした……)

昼食は、小松菜と生姜と薄切りの豚肉を入れたうどん。出汁をやや濃いめにして卵を落として、うどんすき風にしました。

自宅を会社に設定してから約5カ月、可能なかぎりいちおう自炊しているのは、我ながら偉いといえば偉い。節約倹約。

なお昼食中のBGMは、寺尾紗穂さんと藤岡みなみ&ザ・モローンズをシャッフル(寺尾さんと藤岡さんは、不思議なご縁で小社刊の本の執筆者でもあります。なので、おふたりの曲を一緒にしたプレイリストを作ってあります。藤岡さんは作っているときに、寺尾さんは食べているときに合う印象)。

午後から引き続き原稿のチェックを終わらせてしまう予定ですが、その前に昼休みの延長として、さっさとブログを書いてしまいます(←いまここ)。


今晩は妻が仕事の飲み会なので、晩ごはんがいらないとのこと。

さて、どうしましょうか(ヘタすると今日は夜まで誰とも喋らないな)。

夕方まで働いて、本でも読みながら、酒でも飲むかねぃ。

どこで何を飲むか。それが問題だ。


最新記事

すべて表示

引き続き倦怠感

またしばらく更新が滞りました。 この数日、倦怠感があったり、急に明け方に高熱が出たり、ちょっとだけ参ってました。 本当はこういうときこそブログや日記を書くべきなのかもしれません。 体調がよくて比較的平穏に過ごせているときだけでなく、ちょっと具体が悪いときほど、書き残しておくべきなのだと思います。 しかし頭ではそう思っていても、実際に具合が悪いと、なかなか思ったように書けません。 そういうときは時間

倦怠感が少し

昨日今日くらい、なんだか倦怠感が強く身体がうまく動かない感じ。 ここのところずっと点滴していたステロイドを半量に減らしたので、その影響もあるのだろうか。 身体に力が入らず、集中力に欠ける状態が続いていて、少しつらい。 まあ、こんな日もあるということで、できる範囲・できる時間で仕事をしていくしかない。 スピッツの新譜を聴きながら仕事。 あいかわらずのグッドメロディ。学生の頃から聞いてきた音楽。 なん

19日、20日の日記

5月19日(金) 昨日は実に眼福なものを拝見する。 公開してもいいものかどうかわからないのでここに詳しいことを書くことはできず、思わせぶりな書き方になってしまいけれど、本当に恐縮かつ光栄なことでした。 ごくごく身内にだけ見せて、感涙に咽んだのでした。 5月20日(土) 午後からイベント3連発。 13時から第4回聖書読書会。 マタイによる福音書。今日読んだ最後の節が、イエスがガダラの人を癒すというく

ความคิดเห็น


bottom of page