• みずき書林

予定のない一日


誰かに会う予定も、今日中に対応しなければならない急用もない一日。

Googleカレンダーには「イベントはありません」と表示されています。


いつもよりちょっとゆっくり起きて、洗濯物を干しました。

メールをいくつか返信したら、じっくりと原稿を読みます。

読む際に留意すべきチェックポイントを設定して、シャープペンシルを片手に、A4で100枚ほどの原稿を腰を据えて読みます。

BGMはガブリエル・フォーレの『レクイエム』。


不思議と誰からもメールも電話も来ない午前中で、あっという間に昼過ぎ。

(いや、一件電話がありました。読者からで、誤植の指摘でした……)

昼食は、小松菜と生姜と薄切りの豚肉を入れたうどん。出汁をやや濃いめにして卵を落として、うどんすき風にしました。

自宅を会社に設定してから約5カ月、可能なかぎりいちおう自炊しているのは、我ながら偉いといえば偉い。節約倹約。

なお昼食中のBGMは、寺尾紗穂さんと藤岡みなみ&ザ・モローンズをシャッフル(寺尾さんと藤岡さんは、不思議なご縁で小社刊の本の執筆者でもあります。なので、おふたりの曲を一緒にしたプレイリストを作ってあります。藤岡さんは作っているときに、寺尾さんは食べているときに合う印象)。

午後から引き続き原稿のチェックを終わらせてしまう予定ですが、その前に昼休みの延長として、さっさとブログを書いてしまいます(←いまここ)。


今晩は妻が仕事の飲み会なので、晩ごはんがいらないとのこと。

さて、どうしましょうか(ヘタすると今日は夜まで誰とも喋らないな)。

夕方まで働いて、本でも読みながら、酒でも飲むかねぃ。

どこで何を飲むか。それが問題だ。


最新記事

すべて表示

岡山県の女学生の日記を読む会

1月のうちに3冊下版というのは、久しぶり。 前職のときは全然あるシチュエーションでしたが、みずき書林になってからは本の作り方そのものを変えたこともあって、なかなかない。 考えてみれば、創業のときに6~7月で4冊刊行したとき以来かもしれません。 その合間を縫って、日曜日には研究会に参加していました。 どこまで書いていいのかわからないのですべての固有名詞を伏せますが、岡山県の女生徒が戦時中に綴った日記

どんなふうに暮らしていけばいいのか、あらためて整理してみた。

さて。 首都圏のみなさまにはいかがお過ごしでしょうか。 もう1回経験したことですから、ゆったりした気持ちで臨みましょう。 幸いにも、僕自身の暮らしはそうは変わらないはずです。 もちろん今後どうなるかはわかりませんが、医療従事者や飲食関係者、そのほか接客業・店舗など直接的に即効的に影響を受ける方々に比べれば、まだしも耐えやすいのは確かです。 そういう境遇にいることに感謝しつつ、誰かに迷惑をかけないよ

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.