• みずき書林

予定のない一日


誰かに会う予定も、今日中に対応しなければならない急用もない一日。

Googleカレンダーには「イベントはありません」と表示されています。


いつもよりちょっとゆっくり起きて、洗濯物を干しました。

メールをいくつか返信したら、じっくりと原稿を読みます。

読む際に留意すべきチェックポイントを設定して、シャープペンシルを片手に、A4で100枚ほどの原稿を腰を据えて読みます。

BGMはガブリエル・フォーレの『レクイエム』。


不思議と誰からもメールも電話も来ない午前中で、あっという間に昼過ぎ。

(いや、一件電話がありました。読者からで、誤植の指摘でした……)

昼食は、小松菜と生姜と薄切りの豚肉を入れたうどん。出汁をやや濃いめにして卵を落として、うどんすき風にしました。

自宅を会社に設定してから約5カ月、可能なかぎりいちおう自炊しているのは、我ながら偉いといえば偉い。節約倹約。

なお昼食中のBGMは、寺尾紗穂さんと藤岡みなみ&ザ・モローンズをシャッフル(寺尾さんと藤岡さんは、不思議なご縁で小社刊の本の執筆者でもあります。なので、おふたりの曲を一緒にしたプレイリストを作ってあります。藤岡さんは作っているときに、寺尾さんは食べているときに合う印象)。

午後から引き続き原稿のチェックを終わらせてしまう予定ですが、その前に昼休みの延長として、さっさとブログを書いてしまいます(←いまここ)。


今晩は妻が仕事の飲み会なので、晩ごはんがいらないとのこと。

さて、どうしましょうか(ヘタすると今日は夜まで誰とも喋らないな)。

夕方まで働いて、本でも読みながら、酒でも飲むかねぃ。

どこで何を飲むか。それが問題だ。


最新記事

すべて表示

駆け込み訴え

ここのところなんやかやと小忙しく、ブログ更新が滞りがち。 昨日は上野で人と会っていたのです。 久しぶりに人数も多かったとはいえ、ちょっと飲みすぎでは? 2合徳利を何本空けたやら。 帰り道ずっと「わたしはユダ。イスカリオテのユダ。げへへ」と呟きながら歩き、家に帰ってからもずっと言ってた。 ちょっと酔ってたと思われる。 今日になっても、若干の酒気とともに、太宰をいくつか読み直してみようかな、という気分

文字を読みまくる週末

世間は4連休らしいが、関係なし。 次の本の最後を飾る、3万字にも及ぶ力作の終章をチェック。 戦争体験の継承、トラウマの感染、歴史実践の可能性について。 先生の胸を借りるつもりで、思うところを長文のメールに書いてお送りする。 ここのところ集中的にやりとりしている原稿。 1年前にハノイで行った美術/工芸家の取材を元にしたテキスト。 ver.7までやりとりして、ようやく完成が見えつつある。 次のZINE

© 2018 by Mizuki Shorin Co., Ltd.