• みずき書林

人とこの世界と、本

18日月曜日。



夕刻より、この先の取材のためのプレMTG。

待ち合わせのテーブルには、開高健『人とこの世界』が置いてありました。


そこに、彼が書いた本と、彼女が作った本が並び、初対面の話が始まります。


引き受けていただけるかやや不安でしたが、無事に来月以降のインタビューをお引き受けいただけました。

いろいろな話をして、インタビュー時に訊くべきこともある程度整理できて、むしろそのときのために訊き過ぎないようにセーブしないといけないくらい。


最後に、彼女の親友が書いたリトルプレスも話題に挙がって、本はいいな、という話とともに、お楽しみにはこの先の本番の取材のときに。



今回の企画では10人ほどの人のお話を聞いていく予定ですが、人選はすべて編者のアイデアです。

いずれの人たちも、こういう機会でもないと、親しくじっくり話を聞く機会はない人たちです。

こういう人たちに会えるのはこの仕事の一番の醍醐味ですし、役得です。

いま会いたい人に会って、あるテーマのもとに集中的にインタビューをできるこの時間が、編者にとってこれから先の大きなインスピレーションになりますよう。

取材を許可いただいた人たちにとっても、考えを整理し現在地を確認するための何らかのよすがになり、そしてなにより読者にとって、大切なことばになるように。



編集作業はまだまだこれから佳境。

(あれ。あまり時間……ないな……)


最新記事

すべて表示

6月26日(日) 目下進行中の日記にかかわる単行本企画、2度目の研究会兼編集会議。 1530より明治学院大学にてハイブリッド。 対面参加者は田中さん、河内さん、大川さん、僕。 オンラインでは島さん、宋さん、小澤さん、中野さん。 それぞれがこの一カ月で調査してきた日記のプレゼン。 僕は伊藤整、高見順、堀田善衛、高松宮、木戸幸一の日記を調べた。 これらのメジャーな日記は、他の方々が調査した庶民や無名の