• みずき書林

人とこの世界と、本

18日月曜日。



夕刻より、この先の取材のためのプレMTG。

待ち合わせのテーブルには、開高健『人とこの世界』が置いてありました。


そこに、彼が書いた本と、彼女が作った本が並び、初対面の話が始まります。


引き受けていただけるかやや不安でしたが、無事に来月以降のインタビューをお引き受けいただけました。

いろいろな話をして、インタビュー時に訊くべきこともある程度整理できて、むしろそのときのために訊き過ぎないようにセーブしないといけないくらい。


最後に、彼女の親友が書いたリトルプレスも話題に挙がって、本はいいな、という話とともに、お楽しみにはこの先の本番の取材のときに。



今回の企画では10人ほどの人のお話を聞いていく予定ですが、人選はすべて編者のアイデアです。

いずれの人たちも、こういう機会でもないと、親しくじっくり話を聞く機会はない人たちです。

こういう人たちに会えるのはこの仕事の一番の醍醐味ですし、役得です。

いま会いたい人に会って、あるテーマのもとに集中的にインタビューをできるこの時間が、編者にとってこれから先の大きなインスピレーションになりますよう。

取材を許可いただいた人たちにとっても、考えを整理し現在地を確認するための何らかのよすがになり、そしてなにより読者にとって、大切なことばになるように。



編集作業はまだまだこれから佳境。

(あれ。あまり時間……ないな……)


最新記事

すべて表示

石原吉郎とことば――ウェビナー雑感②

4月18日(日)のウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 当日、おそらく一番の焦点のひとつであった、平和博物館と遊就館について、ひとつ前の記事に長々と感想を書きました。 当日の質疑応答ではそのあたりに議論が集中したのですが、それ以外にちょっと備忘録として残しておきたいことがあるので、重ねて書きます。 このエントリーでちょこっと書いておきたいのは、

私たちの現在地の内と外――ウェビナー雑感①

この週末、4月18日(日)に、ウェビナー 「戦争体験継承のダイナミックス―新刊『なぜ戦争体験を継承するのか』と対話する」 が開催されました。 小社の刊行物を中心にしたセミナーが開催されたこと(参加者もかなり多かったとのことです)、大変光栄なことでした。 以下に、本書の編集担当としての若干の感想を書いておきます。 僕は編集担当者ではありますが、気持ちとしては、非アカデミシャンの一市民という感覚で視聴