top of page
  • 執筆者の写真みずき書林

今年の刊行物

今年刊行することが決まっている書籍たち。



沖田瑞穂『マハーバーラタ、聖性と戦闘と豊穣』:原稿すべて完成。初校ゲラ制作中。今週中に装丁画の打ち合わせ予定。


戦争社会学研究会『戦争社会学研究 第4巻』:定期刊行物も3年目。原稿入稿待ち。


蘭信三・小倉康嗣・今野日出晴編著『なぜ戦争体験を継承するのか』:絶賛入稿中。入稿済みのものは書きこみを入れて編者とチェック中。


大川史織『なぜ戦争をえがくのか―戦争を知らない表現者たちの歴史実践』:インタビュー進行中。先週も1本終え、目下祈る気持ちで次の取材相手の方に打診中。


遠藤雅司(音食紀行)『アサめし』:今週中に打ち合わせ予定。いよいよ出走前で鼻息が荒くなっている状態。


福間良明・野上元・山本昭宏編『近頃なぜか岡本喜八――戦後日本映画における戦争と娯楽』:原稿完成。今週中に図版周りの打ち合わせ予定。


藤岡みなみ『タイトル未定、タイムトラベル書店エッセイ』:昨年ZINEを2冊制作して、ウォーミングアップは完璧。



仮タイトルのものも多いですが、現時点でひとまず以上の7冊。

創業3年目にして、最多の刊行点数となる予定です。

それぞれに方向性は違うので、あえて共通点を抽出する必要もないのですが、いずれも〈歴史や時間を覗きこんでいる人びとの熱〉が感じられる本になる予定です。



今日、「幸福になるための条件は、やるべきこととやりたいことが一致していること」という趣旨のtweetが、タイムラインを通り過ぎていきました。

だとすればおそらくいま、小社は幸福な状態にあるといえます。



最新記事

すべて表示

もう一度ちからを

ずいぶん更新が滞りました。 まだ長い文章を書く余力がありません。 ただ自宅に戻り、療養しています。 どうか見守ってください。 ふたたび仕事をしたり、みなと会ったりする力を取り戻せますように。

1200件目、書いている本のこと

このエントリーが1200件目となります。 ここまで約5年間。1825日が経過しました。 そのうちの1200日分ブログを書いたということになるので、やはり3日のうち2日書き続けた、という感じでしょうか。 本当はもっと頻繁に更新したかったけど、現実的には2/3でも十分としなくてはならないでしょう。我ながらよく続いています。そしてここまでくれば、このペースをそう乱すこともなくこれからも続けていけそうです

打ち合わせなどいろいろ

今日はデザイナーさんと打ち合わせ。 ①『戦争社会学研究』の次号の装丁 ②新企画その1レイアウト ③新企画その2レイアウト の依頼。2時間ほど。NHKの取材も入る。 やはり人と会って仕事を前に進めるのは、楽しい時間だ。 特に今回は思い入れのある新企画がふたつあって、そのレイアウトについて話ができたのは喜ばしい時間だった。宗利さんにお任せすればきっと格好良くていいレイアウトになってくると信じられる。

Comments


bottom of page